1ヶ月で2キロダイエットは簡単?おすすめのダイエット法と効果を高める方法

1ヶ月2キロダイエットと聞いて簡単だと感じるか難しいと感じるかは人それぞれです。ダイエットを行う上で短期集中で一気に落としたいのか、それとも長期的に少しずつ落としていきたいのかは人それぞれですが、総合的に考えてダイエットを行うのであれば1ヶ月2キロダイエットにした方が良いというのは事実です。

そこにはリバウンドのしにくさやモチベーションの維持のしやすさなど様々なメリットがあり、健康面でも美容面でもダイエットの最適なペースを考えると1ヶ月に2キロくらいがちょうどいいからです。

1ヶ月に2キロ落ちるだけでも見た目の変化が見られますし、効果を実感することでよりダイエットに意欲的に取り組むことができます。

では実際にどのような方法をとれば1ヶ月に2キロも落とすことができるのでしょうか。食事や運動など様々な方面から実行しやすい方法をいくつか紹介していきます。

スムージーで体内から美しくなる

1ヶ月2キロダイエットに成功している人のほとんどが実践していると言っても過言ではないのが食事をスムージーに置き換えるダイエットです。野菜をミキサーにかけたグリーンスムージーが一般的ですが、青臭くてとても飲むことができないという人は果物やヨーグルトなどを加えてアレンジしても良いでしょう。

スムージーと一言に言っても青汁のように緑色のグリーンスムージーだけではなく、ヨーグルトを加えたヨーグルトスムージーや赤系果物と野菜を合わせたレッドスムージー、果物のみを使用したフルーツスムージーなど種類はいくつかあります。

どれも生の食材を使用しているのでビタミンやミネラルをしっかりと摂取することができますし、カットした食材をミキサーにかけてそれを飲むだけなので調理も簡単です。忙しい朝や夕食の支度が面倒だという時などにはこのスムージーで1食を置き換えるという方法がおすすめです。

摂取カロリーを抑えることができる上に栄養もしっかりとることができるので健康的に痩せることができます。

自分で作っても良いのですが、ミキサーがなかったり食材を買いに行く暇がなかなかないという場合には市販のものを利用するのもおすすめです。粉上になっているものを水で溶かすだけで飲むことができますし、自宅だけではなく外出先でも飲むことができて非常に便利です。

「朝の果物は金」を実行する

昔から「朝の果物は金」と言われているのですが、これは1日のうちで果物を摂取するのであれば朝が最も適しているという意味です。実は人間は午前中は排泄の時間、午後は活動の時間など1日の中で体のサイクルが大まかに決まっています。

もちろん生活習慣によって夜型になってしまっている人などからすればそのサイクルもズレが生じてしまうことがあるのですが、このサイクルに合わせて人間の体は活動を変化させています。

午前中の排泄の時間というのは体内にたまった老廃物を外に出そうと腸が活発に活動しやすくなる時間です。これがきちんと行われている人は午前中のうちに排便がありますし、便秘に悩まされることもなくお腹はすっきりしていてスタイルも良いという人が多いのです。

しかし食事の栄養バランスがととのっていない人や水分補給をしっかり行っていない人、運動をまったくしない人などの生活習慣に乱れが見られるとこの排泄の時間であっても排便に至らず老廃物がずっと腸内に留まってしまうことになります。

それを防ぐためにも朝に果物を食べるというのはとてもおすすめです。果物は約30分程度で消化ができるため胃に負担をかけることがない上にビタミンやミネラル、水分をバランスよく摂取することができます。

また果物には食物繊維が豊富に含まれているのでより排便を効率よく促してくれるよう作用してくれます。朝食を果物にするだけでカロリーのカットもできます。

酵素ドリンクでファスティング

1ヶ月という短期間で痩せることを目標にするのであればファスティングがおすすめです。ファスティングというのは断食のことなのですが、これを行うことで体内を一度リセットすることができ、綺麗な状態にすることができます。

食べ物を口にしないということなのでやり方を間違えれば健康を害してしまう恐れがあります。そのため長期間行うのであれば専門的に実施している施設で正しい指導のもとで行うのが良いのですが、2~3日程度であれば自宅で行っても良いでしょう。

仕事が休みの土日だけなどに絞って行うと日常生活に支障をきたすこともありません。たった2~3日とは言え食べ物を摂取しないのは肌や髪のハリ、ツヤを失ってしまうのではないかという不安にも駆られてしまいます。

そうならないようにおすすめなのが酵素です。ファスティング中に食べ物を口にするのはNGですが、水分補給はしっかり行わなければなりませんし健康的に痩せるという目的を実行するためにも酵素はうってつけです。

野菜や果物などの酵素を凝縮したドリンクがたくさん売られているので、その中から自分に合っているものを選んでファスティング中に飲むようにしましょう。少し味がついているので口が寂しいと感じても体を満足させることができます。

食事は野菜から食べるが基本

食事では食べる順番にも注意が必要です。人間は空腹状態になるととにかく満足感を得たいという欲求にかられるので、自然と炭水化物やタンパク質に手が伸びてしまいます。

これらは胃の中で消化されるのに時間がかかりますし、それによって満たされている感覚があるので脳も満足感を得やすいということが分かっているからです。しかしそれでは必要以上にカロリーを摂取してしまう恐れがあります。そこで実行したいのが「野菜から食べる」ということです。

野菜は種類にもよりますがカロリーが低いのが特徴です。お腹がすいているのにいきなり味気ない野菜を食べるのは物足りないと思ってしまう人もいますが、そこは我慢をしてまずは野菜をよく噛んで食べるようにします。

すると食べ物が口から入ってきたことで少しずつ空腹状態が改善されていきますし、よく噛むことでスムーズな消化を促すだけではなく満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防止することができます。たっぷりの野菜を食べてからタンパク質や炭水化物に移行することでドカ食いを防ぎます。

また野菜である程度満腹感を得ることができていれば太りやすいタンパク質や炭水化物の摂取量を減らすことができるので一石二鳥です。

食べる量を腹7分目に調整する

食事は腹8分目までに抑えておいた方がいいと昔からよく言われていますが、最近では腹7分目までが健康や美容に良いとされています。

なんとなく物足りない感じはあるけれど我慢できないほどではないという腹7分目であれば摂取カロリーを抑えることができるだけではなく体内に余分な栄養が蓄積するのを防ぐことができるのでダイエットにはとても効果的なのです。

もちろんダイエットに良いだけではなく、食べ過ぎを防止することができることから糖尿病やがんなどの様々な病気の予防にも効果があると言われています。

飽食の時代である今日では人は必要以上に食べ過ぎてしまっている傾向にあります。美味しい物を食べたいという欲求の方が強まってしまい、少し空腹感を感じただけでも何か食べたいという欲求に勝つことが難しくなります。

結果的に当たり前のように間食をし、食事では食べ放題を好むようになります。これが癖になってしまうと食事の量を抑えることが難しくなり、満腹になるまで食べないと満足できないような体になってしまいます。

それは生活習慣病にも繋がることなのでダイエットという観点からだけではなく健康面から考えても腹7分目にする癖をつけていくようにするのがおすすめです。

炭水化物の食べ過ぎに注意する

炭水化物は摂取すると血糖値が上昇します。この血糖値を正常な数値に戻すために分泌されるのがインスリンというホルモンなのですが、これは別名「太るホルモン」とも言われています。インスリンが多く分泌されると脂肪に転換されてしまうため炭水化物の摂りすぎはカロリーの面だけではなく血糖値の面からしても太りやすいのです。

しかし頭や体を使う原動力となるのも糖質なので、日中に炭水化物を減らしてしまっては仕事がはかどらない、元気が出ないというような人も多いでしょう。そこでおすすめなのが夕食で炭水化物を控えるという方法です。

普段は丼一杯のご飯を食べてしまうという人であればそれを普通のお茶碗の7分目程度に留めるという風にご飯の量を調整します。最初は物足りなさを感じるかもしれませんが、休む時間帯となる夜であれば日中ほどエネルギーを使うこともありません。

いつも通り食べてしまうとエネルギーがたくさん余ってしまうことになるので太りやすくなってしまいます。また炭水化物を控えたり抜いたりすることによって消化器官への負担が軽減し、脂肪を燃焼しやすい体にすることができるというメリットもあります。

大切なのは血糖値の上昇を緩やかにするということです。

脂肪と糖を一緒に摂取しない

脂肪と糖というのは最悪の組み合わせです。同時に摂取することで体内に蓄積されやすくなります。その上血糖値も急上昇してしまうのでインスリンの分泌が盛んに行われ、どんどん太ってしまうという恐ろしい組み合わせなのです。

脂肪と糖の組み合わせは以外にも身近にたくさんあります。例えばカロリーの高いハンバーガーやフライドチキンなどを食べると、コーラなどのさっぱりとした炭酸飲料が飲みたくなるという人もいるでしょう。

これはまさしく脂肪と糖の組み合わせです。食事としてだけではなくおやつとしてポテトチップスとコーラという組み合わせもあります。では脂っこいものと炭酸飲料を避ければいいのかというとそうではありません。

たっぷりのバターや砂糖が使用されているケーキやクッキーなどの洋菓子も脂肪と糖の組み合わせでは代表的な食べ物になりますし、多くの人から愛されているかつ丼やポテトサラダなども脂肪と糖の組み合わせです。

これらは所謂国民食として人から愛されているものなので一切食べないというのは難しいでしょう。しかし食べ過ぎないように調整したり、どうしても食べたいときには脂肪と糖の吸収を抑えるサプリメントを活用するなどの工夫を行うことをおすすめします。

おやつは食べてもいいけど内容には工夫が必要

ダイエット中におやつはご法度と思われがちなのですが、無理に我慢をしていると通常の食事で我慢がきかなくなってしまうなどの悪影響を及ぼす可能性があります。たとえケーキなどの甘い物を我慢することができても、その日の夕食にご飯や揚げ物を食べ過ぎてしまったとなると我慢をした意味がありません。

そうならないためにも間食はやめるのではなく工夫をすることが大切です。

おやつは少しでも食べれば体が満足してくれますしストレスを軽減させてくれます。ケーキやポテトチップスなどの高カロリーなものではなく果物やゼリーなどのカロリーが低い物を選ぶことをおすすめします。どうしても甘い物が食べたいのであれば洋菓子よりも和菓子です。

和菓子はバターなどの油分を使用しないので洋菓子に比べればヘルシーです。またよく使用されている餡子の原料は小豆ですし、ずんだは枝豆、白餡はインゲンなど野菜が由来になっているので比較的ヘルシーです。とはいえ砂糖をたっぷり使っていることに変わりはないので食べすぎには注意しましょう。

そしてダイエット効果もある高カカオチョコレートもおやつとしては最適です。食物繊維も豊富でエイジング効果があるので食べながら体内を綺麗にしてくれる働きがあります。

我慢のしすぎでストレスをたべてしまうと健康にも美容にも良くありませんし、反動で食べ過ぎてしまいリバウンドを招く要因にもなります。我慢をするのではなく工夫をして食べることで無理なく痩せることができます。

天然の甘味料を摂取する

よくスーパーで見かける「カロリー0」のゼリーを見かけますが、ダイエット中にカロリーを抑えながら食べることができるとあって人気を集めています。もちろんこれで満足感を得ることができるのであればダイエットにうってつけなのですが、実はここには落とし穴があることも知っておかなければなりません。

人間の脳が糖を欲しているときに人は甘い物を食べたくなります。ここで砂糖などの甘味料を食べると太ることに繋がってしまうのですが、脳は糖が入ってきたことで満足感を得ます。

しかしカロリーがない甘味料は人工甘味料で、これは味覚的には甘みを感じるのですがその情報が脳には認識されないという特徴を持っています。つまりカロリーを抑えた甘味料を摂取しても脳が分からないので余計に甘い物を食べてしまうという悪循環に陥ってしまう恐れがあるのです。

こういった危険性からおやつを選択するときにはカロリーを重視するのか甘味料の種類を重視するのかでバランスを上手にとる必要があります。

もっともおすすめなのは蜂蜜や黒糖などの比較的天然に近い甘味料を選択するということです。ミネラルが含まれているので健康的に甘みを感じることができます。

寝る前に蜂蜜と生姜で脂肪燃焼効果アップ

寝ている間は人は活動していませんし、体内にあるものがどんどん蓄積されていくのみだと思っている人はいないでしょうか。実は睡眠中というのはダイエットにはとても最適な時間帯なのです。人間は眠っている間に成長ホルモンを分泌しています。

この成長ホルモンには脂肪燃焼効果があるので、質の良い睡眠は効率よく脂肪を燃焼してくれることにも繋がります。そこでおすすめなのが蜂蜜と生姜です。

蜂蜜には質の良い睡眠を促してくれる効果があり、生姜には体を温める効果があります。寝る前にこの2つを摂取することで体が温まり、質の良い睡眠をとることができます。そうすれば成長ホルモンも盛んに分泌されるようになり体の疲れもとれますし脂肪も燃焼しやすくなります。

注意点としては摂取量と摂取の仕方です。蜂蜜は天然甘味料で健康的なのですがカロリーがあるのに変わりはありません。寝る前に摂取をするのであればスプーン1杯分が適量です。また生姜に関しては生の状態では体の表面しか温めてくれません。

加熱をすることで成分が変わり、初めて体を芯から温めてくれる働きをするので生姜湯などを飲む際にも生の生姜をすりおろして入れるのではなく一緒に沸騰させたり炒ったものを入れるなどして火を通すようにしましょう。

隙間時間に体を動かす

毎日のようにジムに通って運動をするのは大変です。「今日から毎日ジョギングをするぞ」と決めていても、雨の日が続けば走ることはできませんしその後再開させるのもモチベーションが上がりません。運動は習慣化させなければ一気にやる気を欠いてしまいますので、ハードな運動を心がけるよりも習慣化しやすい運動を行うことの方が重要です。

そこでおすすめなのは隙間時間を利用した運動です。

例えばスクワットです。通常の腹筋の数倍以上の効果を得ることができますし、下半身を中心に鍛えることができるのでぽっこりお腹やたれたお尻を引き締めることができます。自宅にバランスボールがあるという場合にはそれに座るだけでも良いでしょう。

体幹を鍛えることになるのでバランス感覚も養われ、インナーマッスルを鍛えることができます。ご飯が炊けるのを待つ時間やお風呂が沸く数分の時間など、日常生活の中で隙間時間はたくさんあります。

そんな時間をただ無駄に過ごすのではなく体を動かして過ごすことで脂肪を燃焼させたり筋肉を鍛えたりというたくさんのメリットを生み出すことができます。テレビを見ながらできるようなものもたくさんあるので苦にならず続けられるでしょう。

移動手段は徒歩か自転車のみにする

通勤や通学での移動手段も運動に変えてみましょう。例えば毎日車で移動をする人なのであれば自転車に変えてみたり、バスと電車をどちらも利用する人であれば駅までは歩いて行くようにするなど、移動手段を自分の労力によって行うものに変えます。

さすがに隣町まで行くのに毎日歩くのは大変ですし電車を日常的に使わなければならないほどの長距離を歩くのは難しいのですが、できるだけ徒歩と自転車を取り入れるようにすることで十分な運動になります。公共交通機関を利用する頻度が減れば節約にもなるので一石二鳥です。

外を歩くというのは決して平たんなものではありません。階段の上り下りをしなければならなかったり、自転車であれば上り坂や向かい風で前に進むのが大変なときもあります。決して一定ではないからこそ飽きる事なく取り組むことができますし、運動量も増えてダイエットに繋がります。

もちろん移動手段としてだけではなくエスカレーターやエレベーターの使用を控えて階段を使うようにしたりするのも効果的です。ほんの少しのことですが体は動かせば動かすほど鍛えられますしカロリーを消費してくれます。

少しでもたくさんのエネルギーを消費しようと思いながら体を動かすとダイエットも楽しくなってきます。

運動をする日を決めておく

できれば毎日運動をした方が良いのですが、天気が悪くてできなかったり仕事が忙しくて時間が作れないという時もあるでしょう。毎日行っていたことを1日でも休んでしまうとそのまま怠け癖がついてしまって最終的には運動をしなくなるということに繋がります。そうならないためにも大切なのは「運動日を決める」ということです。

1ヶ月に2キロ落とすことを考えると週3回は最低でも運動日として定めた方が良いでしょう。予め決めておけば時間も作りやすいですし、決まっていることだからという使命感から続けやすくもなります。

運動日と決めた日だけは必ずジムに行くようにしたりヨガ教室に通うようにしても良いのですが、ハードな運動が難しい人であれば日常的な運動だけでも構いません。

近所を散歩したり家の中で筋トレをするようにしてもいいですし、子どもとの散歩や愛犬の散歩など、自分1人ではなく誰かと一緒に行ったり目的を持って行うことで「今日はしなくてもいいや」というような怠惰な気持ちになりにくくなります。

家族にも予め宣言しておくと怠けそうになった時には注意をしてくれたりするので自分の中で決意するだけではなく宣言しておくのも良いでしょう。

デトックスで内側からすっきりさせる:

太っている人というのは体内に脂肪をはじめとする老廃物をたくさんため込んでいることが考えられます。これらを体外に排出してすっきりさせるだけで大幅な減量ができる場合もありますし、痩せやすい体になって効率よく体重を落とすことができる可能性もあります。

そういった意味でも体内のデトックスは非常に重要です。デトックスの方法は色々あり、食べ物によって汗をかいたり排便を促して腸内環境を綺麗にするなどがあります。そのため辛い物や薬膳、パクチーなど体の中から綺麗にしてくれるような食べ物が女性を中心に流行しています。

しかしこれらは食べておいしいというわけではない場合もあるので、好き嫌いがわかれやすい特徴があります。どうしても食べ物によるデトックスが苦手だという場合にはサウナや岩盤浴がおすすめです。体を芯から温めることでしっかりと汗をかき、体内の老廃物を外に出してくれます。

水分補給と休憩を繰り返して行いながらすることで、どろどろで塩辛い汗も少しずつさらさらで塩辛くない汗へと変わっていきます。1回きりではなく定期的に行うことで代謝も上がりますし、体を痩せやすい状態にすることができるでしょう。

エステの体験コースをはしごする

効率よく痩せるためには自分に合ったダイエット方法を選択し、またプロの手を借りることも大切です。しかし痩身エステを行うとなると何十万円という費用だけではなく時間もかかります。そこでおすすめなのはエステ店が行っている体験コースです。

通常の施術を安い価格で体験することができるコースで、お店選びの重要な参考資料になります。近年痩身エステではキャビテーションやEMSなど1回の施術だけでも効果を実感することができるような施術が主流となっているので1度経験してみるだけでもダイエット効果を得ることができます。

もちろん何回も行うことで確実に脂肪を落としていく施術なのですが、1回施術を受けるだけでも約1週間の持続力があるので、その間に運動をしっかり行ったり食事に気を配るだけでも変化を実感することができる可能性があります。

エステ店に行くということは勧誘があるのではないかと不安に思う人もいますが、他店との比較をしたいという旨を伝えると無理に勧誘をしてきても断ることができるので心配はいりません。いろんなお店を見るという意味でも体験コースのはしごはおすすめです。

費用も抑えられますし、ダイエットも効率よく進められるでしょう。