1週間でマイナス5キロ!脂肪燃焼スープダイエットのやり方とおすすめのレシピ

女性にとっては、切り離したくとも中々切り離すことができないことと言えば「ダイエット」でしょう。これまでにもさまざまな方法で行うダイエットが注目されてきましたが、今なお継続して人気を維持し続けているダイエット方法はほんの一握りに過ぎません。

むしろ、そのほとんどが淘汰されていった結果、「根本的な部分」に注目しているものだけが残ったという状態です。

本来、手軽にできるものではないはずのダイエットですが、多くが「手軽に成功させたい」という希望を強く持っていて、同様の状況が期待できるものには瞬間的にでも大きな注目が集まります。

そして、「脂肪燃焼スープダイエット」が今現在は非常に人気があるのですが、まずはその内容を把握しておきましょう。

お腹一杯食べられるダイエットって?

ダイエットをするとなると食事制限が真っ先に頭に思い浮かびますが、常識を覆すような方法もあると聞いたら誰もが驚くことでしょう。脂肪燃焼スープを食べながら体重を減らしていくのですが、名前だけ聞いていると余り美味しくなさそうに見えてしまうかもしれません。

このスープは野菜がたっぷり入っているので糖質や脂質を抑えつつ食物繊維がたっぷりですから、腸内環境を整えてお腹の中をすっきり綺麗にしながら代謝アップ、そしてビタミンなども豊富なので肌の状態もよくなるというような効果も期待できます。

体重を減らす時には運動を行うだけでなく食事もカロリー摂取を控えなくてはいけないので実践中はとてもつらくなりますが、脂肪燃焼スープは幾らでも食べていいので我慢をしなくてよい分ストレスフリーでダイエットが続けられます。

低カロリーのスープなのでたっぷり作っても一皿が約80Kcalほどしかないので、二皿食べても約160Kcalとご飯100gのカロリーしかありません。

食事制限をなるべくしないでダイエットをしたいという方には心強く、期間も1週間と集中して行えますので、いろんな方法を試しても効果がなかった方もチャレンジしてみてはどうでしょうか。

脂肪燃焼と健康面

健康に気をつけたりダイエットに取り組んでいる人の間では、脂肪燃焼スープに注目をしているという人が少なくありません。というのも、脂肪燃焼スープには期待することができる効果があるからです。

例えば、脂肪燃焼スープを食べ続けることによって、体内に蓄積した脂肪に働きかけることが可能になります。体内に蓄積された脂肪を落とそうとする時に、苦労をしたことがある経験をした人は少なくないのではないでしょうか。

脂肪を落とすためには、しっかりと脂肪を燃焼することが必要になります。そのような時に、温かい脂肪燃焼スープを食べるとダイエットに取り組むことができることが期待できるのです。

また、脂肪燃焼スープを食べていると、体が温まるようにもなります。体が温まることには、たくさんのメリットがあります。まず、病気を発症しにくい体になります。体が冷えている時には病気を発症してしまうことが多くあるために、あまり健康な状態であるとは言えません。

その反対で温まっている状態であると、病気を防ぐことができるようになるのです。また、運動をした時に筋力トレーニングが行いやすくなります。すでに体が温まっている状態であるため、トレーニングを開始しやすくなるのです。

脂肪燃焼スープのレシピは簡単です

脂肪燃焼スープは料理が好きな人であれば、誰でも簡単に自分で作ることができます。美味しい脂肪燃焼スープ作りにチャレンジして、ダイエットに積極的に取り組んでみましょう。脂肪燃焼スープの材料は野菜と調味料です。

野菜はピーマン1個、ニンジン1本、キャベツ半玉、セロリ1本、玉ネギ3個、トマト3個を用意してください。トマトが手に入りにくい場合などには、トマト缶(400g程度)で代用してもOKです。

さらに調味料としてコンソメスープの素、あるいはブイヨンや和風だしの素などを用意します。その他には水と鍋の準備が必要です。まずは材料となる野菜を、一口大の食べやすい大きさにカットします。カットした野菜を鍋に入れて、全体がひたひたになるぐらいまで水を入れます。

鍋を火にかけて弱火でじっくりと煮込んでください。野菜がある程度柔らかくなったらコンソメスープの素を入れて、減った分の水を追加してさらに煮込みます。しっかりと煮込まれて野菜がくたくたになったら完成です。

さらに一工夫をしたい人は、脂肪燃焼効果の高いトウガラシやショウガなどを加えてみるのも良いかもしれません。ただし砂糖などの甘味料は加えないようにくれぐれも注意をしてください。

脂肪燃焼スープで美味しくダイエット

野菜を中心としたスープを7日間食べるという脂肪燃焼スープは、健康にも良いため女性を中心に人気のダイエット方法となりますが、同じスープだと飽きてしまう方が多いです。そこで、少しアレンジを加えると新鮮な気持ちでスープを食べる事ができるのでおすすめです。

まずはスープに足して良い食材は、豆乳です。お通じも良くなったというお声が多い食材の一つですので、おすすめです。その他にも味噌やキムチなどもアレンジとして加える方が多いです。野菜は決められていますが、味が変わると全く違うスープになるため、飽きる事が無い点がメリットです。

脂肪燃焼スープに入れてはいけない食材もあります。炭水化物や肉、そして油です。例えば四日間続ける事ができても、肉を入れてしまったことで努力が無駄になってしまう事もあります。

それでも効果を実感できたと答える方もいますが、本来であればもっと効果を実感できた可能性があります。そのため、入れてはいけない食材は七日間は我慢するようにしましょう。しかし、一手間加える事で、味が変わり楽しみ事ができます。

基本はトマトをベースとするスープが大事であるため、その点も忘れないでトマトに合うかどうかを見極めながら挑戦してみてください。

デトックス効果のある食材を加えてみましょう

脂肪燃焼スープはそのままでもダイエットに効果的なスープですが、さらにデトックス効果が期待できる食材を加えてみるのもおすすめです。デトックスとは「毒出し」のことであり、体外に溜まった有害な物質を体外に排出することにより、健康的で美しい身体を実現することができます。

デトックス効果が期待できる食材は様々ですが、まずはお通じに効果的な食材を加えてみてはいかがでしょうか。お通じの改善には食物繊維の摂取が効果的であり、食物繊維が豊富に含まれる食材としてはゴボウがあげられます。

ゴボウに含まれるリグニンという成分には、腸内で発ガン性物質を吸着して大腸ガンの発生を予防する効果がありますし、さらにイヌリンという成分には腸内におけるビフィズス菌の働きを活性化する効果があります。便秘がちな人は脂肪燃焼スープにゴボウを加えてみましょう。

デトックスに効果的なその他の食材としては、パクチーがあげられます。パクチーは近年幅広く料理に使われるようになった香味野菜の一種であり、独特の香りと豊富な栄養成分が特徴です。

パクチーには毒素を浄化して体外に排出する肝臓の働きをサポートするキレート作用があり、さらに疲労回復や免疫力の向上に欠かせない各種ビタミン類やベータカロテンなどの成分が含まれています。ダイエットはもちろんですが、さらに美肌つくりにも効果的なのです。

脂肪燃焼スープダイエットで注意すること

脂肪燃焼スープによるダイエットは空腹感がなく、無理なく痩せることができるとして人気ですが、これを行う際にはいくつかの注意点があります。これを守らないと効果が半減するばかりでなく、逆に脂肪が体に付きやすくなってしまうというリスクもあるので十分に注意することが必要です。

ダイエットを始める24時間前からアルコールは摂取してはいけません。アルコールは脂肪の燃焼を抑える働きがあるため脂肪燃焼スープの効果を妨害してしまうことがわかっています。そのためダイエットを始める24時間前からアルコール類は一切寄せ付けないようにすることが大切です。

また、ダイエット中は甘味料は一切取らないようにしましょう。基本的に糖分の含まれている食事はもちろん、ジュースなどの中にも糖分が含まれているものがあるので、その成分をしっかりと確認してから摂取することが必要です。

脂肪燃焼スープによるダイエットは7日間脂肪燃焼スープを飲むだけで簡単に痩せられると言う印象があります。ただしそのスケジュールや材料はしっかりと決められているのでこれを守ることが大切です。

またその間に飲んで良いものや食べて良いものも厳しく制限されます。飲む時間なども決まっているのでこれをしっかり守ることで空腹感がなく痩せることができます。

脂肪燃焼スープのレシピ

脂肪燃焼スープの献立をご紹介します。一般的なダイエットでは食べる量を調節するのですが、この脂肪燃焼スープではいくら飲んでも大丈夫という食事です。腹持ちがいいだけでなく、身体の調子も改善されるので健康的に痩せたい人におすすです。

では、脂肪燃焼スープのレシピはどのようなものなのでしょうか。用意するものはトマト・たまねぎ・セロリ・キャベツ・にんじん・パプリカまたはピーマンなどの野菜類です。さらにコンソメスープやブイヨンを用意します。

なければかつお節と昆布だしでも代用できます。これまでに並べた材料を食べやすいサイズに切ってください。切り終わったらちょうどいい大きさの鍋に入れてください。水を加えて火にかけます。そのあとは、コンソメを加えてみずを足しながら野菜を煮ていきます。

これだけで脂肪燃焼スープが完成してしまうのでとても簡単です。食べるだけで痩せられるのですが、注意点があります。アルコールを飲むのはなるべく控えるようにしてください。スープを食べる24時間前から控えるのがおすすめです。

もしもアルコールを飲んだ状態なのであれば、脂肪燃焼スープを食べるのはアルコールを摂取した24時間後にするようにしてください。

脂肪燃焼スープを作ること

ダイエットをしたいと思っている人や、健康に気をつけたいと思っている人の間では、健康的な食事をしたいと思っている人が多いのではないでしょうか。そのような人たちは、自宅で料理をしているという人もたくさんいるのです。

自宅で食事を準備する時には様々なメニューを試すことができるのですが、脂肪燃焼スープを作っているという人は少なくありません。脂肪燃焼スープを作る時には、脂肪がしっかりと燃焼されるような具材を入れることが大事なります。

特に、野菜を使ってスープを作ることはとても良いことであると言えます。というのも、野菜はカロリーが低いことに加えて、栄養素が豊富に含まれているからです。たくさん食べても太ることなく健康的になることが期待できます。

入れる具材の中で欠かすことができない野菜は、生姜やニンニクです。生姜やニンニクは、体を温める効果を持っています。それらの具材をしっかりと入れておくことにより、脂肪が燃焼されるようになるのです。

それから、脂肪燃焼スープの中に入れる具材として、根菜類がとても向いています。根菜類にも体を温める効果があるからです。例えば、ごぼうやレンコンを脂肪燃焼スープに入れてみると良いです。

ダイエットの献立

ダイエットの一週間のメニューは、楽しみながら行うのがコツです。3日目は、スープと野菜をいくら食べても大丈夫な一日になっています。さらに果物を加えてもいいです。ただ、注意してほしい所はペイクドポテトを食べるのは控えることです。

例えば、バナナとミルクを飲むのも良いでしょう。バナナと水をミキサーに入れて混ぜるとバナナシェイクになって美味しく飲むことができます。もちろんそのまま食べてもいいのですが、バリエーションの一つとしてシェイクに挑戦することをおすすめしています。

もちろん、他の果物でも効果を期待することができます。あまりカロリーがないものの方がいいでしょう。リンゴなどを食べるとデトックス効果もありますから積極的に食べてみる事をおすすめしています。

スープには野菜をたっぷりと入れてください。食物繊維を豊富に含んだ野菜であれば、お通じがよくなり便秘の改善効果も期待できるからです。最も重要な事は、これらの食事を楽しみながら食べることでしょう。

もしも苦痛になってきた場合には止めた方がいいかもしれません。無理にダイエットを続けようとすると、逆に健康をきたしてしまいます。楽しく無理なく脂肪燃焼ダイエットを続けてくださいね。

脂肪燃焼スープを続けていくために

4日目に来ると今までとる事が出来なかった分の糖質補給が必要になるので、バナナとスキムミルクをとって脂肪燃焼スープダイエットの効果を上げましょう。今まで野菜やフルーツを主に摂取していたので、4日目までに体重が落ちている事が多いですが、糖質を制限している状態になる為、身体にも負担がかかっている状態になります。

そこで多くの糖質を含んだバナナとスキムミルクを摂取する事で、栄養バランスをとる事ができるようになる為、体調不良を起こす事無く、脂肪燃焼スープダイエットを続ける事が可能です。バランス良くする為にもバナナは一日三食とる様にしましょう。

これ以上とりすぎるとカロリーオーバーになるので、注意が必要です。大体一本あたりのカロリーが脂肪燃焼スープと同程度と考える事ができるので、カロリーの量は計算しやすくなるはずです。

またスキムミルクもバナナと一緒に飲む事で甘みを感じる事ができるので、スキムミルクを単独で飲むよりは飲みやすくなります。飲みにくいからといってミルクに味付けをしてしまうとダイエットになりませんので、注意が必要です。

脂肪燃焼スープダイエットを続ける為にも栄養バランスを考えて摂取するようにしてください。

脂肪燃焼スープでダイエットをする

脂肪燃焼スープでダイエットをするにも、毎日違うメニューを考えることで飽きずに続けることもできるものです。献立例5日目であればちょっと洋風なものも食べたくなるものなので、肉・トマトを利用したスープというのを取り入れると良いです。

肉は脂肪分の少ないチキンが一番良いですが、牛肉なども少量であれば大丈夫です。牛肉はコクも出すことができるので、スープの味に深みを出したいような時はおすすめです。また、トマトと組み合わせればさっぱりとした感じにすることもできて良いです。

トマトと肉を組み合わせれば洋風の味付けにもできるので、いつも同じような味付けになって飽きてしまうような人であればおすすめです。そして肉を加えることによって、ダイエット中に不足してしまいがちなたんぱく質を補うこともできるので良いです。

タンパク質は体の健康を維持していくにも必要なものですし、美肌を維持していくにも大事なものです。ダイエット中は脂肪を増やさないということで脂肪分の多い食事は避けることもありますが、それによって肌がカサカサになってしまうこともあります。

ですから脂肪を増やさないことを意識しつつダイエットを続けるためにもトマトや肉で栄養バランスを崩さないようにしましょう。

牛肉の赤身を入れた脂肪燃焼スープ

食事制限ダイエットをしている最中であったとしても、タンパク質の摂取量まで制限する必要は無いです。もしタンパク質の摂取量を抑えてしまうと、自然と消費されるカロリーの量が大幅に減ってしまい、逆に太りやすい体質になってしまう場合もあります。

そんなダイエットの失敗を防ぐためにも、脂肪燃焼スープを活用しながら食事制限を続けるのであれば、野菜と牛肉を使ったスープも定期的に飲んでおく事をおすすめします。

牛肉入りの脂肪燃焼スープを作る際には、脂肪が少なくて良質なタンパク質がたっぷりと詰まっている、牛肉の赤身部分を使うのが最適です。牛肉の赤身にはL-カルイチンという成分が含まれており、脂肪燃焼効果が期待できます。

年齢を重ねるごとに体内からL-カルニチンの量が減っていくので、中高年の方々は牛肉の赤身を食べる事によって、定期的にL-カルニチンを摂取していく事が重要です。

L-カルニチンとポリフェノールの組み合わせが脂肪燃焼に役立つので、赤身入りの脂肪燃焼スープに少しばかり赤ワインを入れてみる事を推奨します。赤ワインを混ぜる事で、赤身の風味を良くする効果も期待できるので、スープの味に飽きてきたという人にもおすすめです。

脂肪燃焼スープと一緒に口にする飲料

ダイエットのために健康的なスープを飲んでいるから、水分補給はそこまで意識しなくても良いと、勘違いをしてしまう人も少なくないです。どれだけ身体に良い脂肪燃焼スープであっても、一定の塩分を含んでいる事を意識して、しっかりと水分は補給しておかなければいけません。

脂肪燃焼スープを含む献立として、玄米や野菜で栄養バランスを整えるだけでなく、甘味料を加えていないフルーツジュースで酵素を摂取する事をおすすめします。フルーツジュースといっても果汁100%のものでは、糖分摂取量が増えすぎてしまいますから、水で薄めたフルーツジュースを飲んでおく事が重要です。

水で薄めたものであれば水分をスムーズに補給する事ができて、脂肪燃焼スープに含まれている塩分を上手く排出できるようになります。カロリーの少ない脂肪燃焼スープを使って、脂肪を減らす事はできても内臓に負担をかけているようでは、健康的な身体を作り出す事はできません。

フルーツジュースの選び方一つでも、食後に内臓にかかる負担の大きさは随分と違ってくると考えて、献立の作り方を工夫してみる事を推奨します。脂肪燃焼効果を高めるためにも、ポリフェノールが含まれているブドウなどのフルーツを原材料にしたジュースが最適です。

脂肪燃焼スープは野菜嫌いにはつらい?

様々なダイエット法の中で手軽で健康に体質改善が図れる脂肪燃焼スープが注目されています。このスープは毎日の食卓の中に野菜を食材だけでスープを作り、それを朝ごはんもしくは夕食を一食だけ置き換えるという方法です。

野菜の多くにはキレート作用というものがあり、これは人間が日々生活するうえでどうしても空気中や食事の分解などで毒素が生まれてしまいます。その空気中からの吸収や食事の分解で発生した毒素が体のたまると抵抗力の低下や脂肪燃焼力の低下などを引き起こし痩せにくい体を作ってしまいます。

そこで野菜に含まれている食物繊維などの毒素をまとめて排出する力を毒素がたまっている朝もしくはこれからためる夜の段階で摂取することで効率よく排出されます。ただ脂肪燃焼スープは手軽で健康的に痩せられると人気ですが、ただ一つだけ注意点があります。

それは野菜が苦手な人には向いてないということです。先に言ったとおりにほぼ野菜だけをつかって作るので、その野菜の中に嫌いなものが入っていれば食べづらいです。そのため慣れるまでの間は野菜をすべてミキサーにかけてポタージュ風にすると飲みやすいです。

それ以外では鳥のささ身や果実由来のオイルであるオリーブオイルで油分で野菜のえぐみを抑えるか牛乳を入れてえぐみを丸くします。

リバウンド防止には回復食

食事制限を伴うダイエットはリバウンドしやすいことで有名です。脂肪燃焼スープは比較的リバウンドしにくいダイエット方法ではありますが、やはり1週間の厳しめのプログラムから解放されたことにより気が緩んで、あれもこれもと食べてしまうとリバウンドに繋がってしまいます。

食事制限を伴うダイエット法を行うと、脳は体を飢餓状態と認識し、少量の食事で脂肪を蓄えようとしてしまいます。ですのでその状態でダイエットが終わった解放感からあれもこれもと好き勝手に食べてしまうと、せっかくのダイエットが無駄になってしまう危険性があります。

回復食と言われる低カロリーの食べ物でゆっくりと時間をかけて食事量を戻すようにしましょう。回復食には、献立7日目で使用した玄米がお勧めです。それと脂肪燃焼スープを合わせたリゾットを作ります。ですので玄米と脂肪燃焼スープを多めに用意しておくようにします。

玄米を使用しているため通常のリゾットよりも食べ応えと満腹感があり、暴飲暴食を防ぐことができます。また玄米はミネラルが豊富ですので、必要な栄養素を取り逃す心配もありません。

ダイエット終了後2~3日はこの脂肪燃焼スープと玄米で作ったリゾットで回復食を作り、ゆっくりと食べるように心がけましょう。