10日間のダイエットで何キロ痩せられる?短期間ダイエット法

10日間のダイエットで何キロ痩せられるのか、無理は禁物ですが正しい方法でやっただけ、数字への効果は期待ができます。期間が決まっているので、過激な減量は控える必要がありますが、食事制限と運動はダイエットを助けてくれます。

10日間でも痩せることが可能なの?

10日間でも痩せることが可能なのかどうかですが、正しいやり方で体重を落とすことは可能です。数ヵ月をかけて行う、緩やかなダイエットではないので、短期的に少し負荷がかかるダイエット方法にはなりますが、日常生にも支障をきたすことなく、健康を維持ながらのダイエットに取り組むことはできます。

短期間で集中をして痩せるなら、酵素ドリンクなどを利用するファスティングもあります。準備期間と回復食も入れるので、ドリンクのみの期間がずっと続くわけではないです。

置き換えを1日に1回から2回入れる方法などもありますし、運動も組み合わせて実践をします。室内でできるトレーニングやエクササイズをしても良いですし、意識して歩くようにするのも効果的です。

短期集中で痩せるとデメリットも

短期集中で痩せるとデメリットもありますが、その一つはリバウンド率の高さです。トレーニングや食事制限をハードに行うので、ストレスの負荷がかかりすぎて、終わったとたんに過食となりリバウンドのパターンです。

短期的に体重がとても減ったとしても、その多くは水分ですから、正しい痩せ方ではないと、すぐに体重は戻ります。そればかりか、まるでゴムのように太ったり痩せたりしやすくなり、つまり太りやすい体質に変わるということです。

あくまでの誤った方法で実践をした場合ですが、リバウンドのリスクは高いです。短期間で食事もかなり制限することから、栄養が足りずにニキビなど、肌荒れ起こしやすくなったり、貧血やめまいなどの不調を感じることも考えられます。

10日間で何キロまでならリバウンドしにくい?目安は?

10日間で何キロまでならリバウンドしにくいのか、目安はどれくらいなのか、数字として知っておくと取り組みやすくなります。一概に数字が言えないのは、個人の身長や体重や環境などが違うためです。10日間のダイエットで減らす数字を1.7%以内にして、長い目で見てひと月あたりは5%に収める必要があります。

張り切って10日間で体重を、5%まで落とすことを目標として、ダイエットに成功をした暁には、減らした体重の維持に努めるようにします。目安は1ヵ月で5%以内ですので、この目安を頭に入れて、10日間という短期的な減量に励むようにします。あまりにも無理をして体重を落とすのは、リバウンドを招くリスクを高めるので要注意です。

目安まで痩せるために必要な消費カロリーはどのくらい?

目安まで痩せるために必要な消費カロリーはどのくらいか、1日あたりの消費エネルギーというのは、個人の年齢や慎重に体重、生活によっても違いがあります。1日をデスクワークで過ごす人と、体を動かして生活をする人とでは、消費できるカロリーにも大きな違いがあります。

体重を1㎏落とすためには、7200キロカロリーの消費が必要です。目標体重に7200キロカロリーを掛け算して、それをダイエット目標の日数で割り算をすることで、1日あたりに消費するカロリーがわかります。摂取カロリーと消費カロリーを数字で出して、守ることで体重は目標へと近づいていきます。運動との兼ね合いにより、消費をするカロリーはその日によっても変わります。

食事制限をしないで運動だけでダイエットする場合

食事制限をしないで運動だけでダイエットする場合、これはかなりハードな方法だと言えます。ただ食事を変えたくないのであれば、摂取カロリーよりも多く消費カロリーをもたらせばよいので、食べている部によりも運動をすることで、不可能ではないです。

現実的に考えてみても、今まで通りに食べていて、運動のみで痩せるとなると、運動のみで摂取カロリーを上回るのは楽ではないです。それでも食べる要は変えないで、運動だけで痩せたいのであれば、有産路運動と無酸素運動を、上手に組み合わせることです。

脂肪燃焼をしやすくさせるのが有酸素運動であり、水泳やスクワットにヨガ、縄跳びなども含みます。無酸素運動は筋力を高める効果があり、ダンベルなどは取り入れやすいです。

食事制限と運動の両方でダイエットする場合

食事制限と運動の両方でダイエットする場合、ハードになりすぎないようにすることです。運動をするのであれば、有酸素運動と無酸素運動の、両方を無理のない範囲で組み合わせると効果的です。

軽いウォーキングやランニングは有酸素運動であり、室内でできるストレッチなども良い方法です。筋トレは無酸素運動ですが、筋肉を落とさないためにも、付けるためにも、軽く筋トレもするほうが痩せやすくなります。

食事では筋肉強化のためにも、体力を落とさないためにも、質の良いたんぱく質は取り入れるとよいです。食物繊維やビタミンに酵素が豊富な、野菜は必ず短期ダイエットでも食べるようにして、この期間に限っては、砂糖や白米に麺類やパンは控えます。

目標体重によってダイエット方法を決めよう

目標体重によってダイエット方法を決ることは大事であり、何キロまで落としたいのか、最初に決めておくとダイエットの計画は立てやすくなります。

日数的にも10日間というのは短いダイエット期間であり、落とせる体重にも限界がありますが、それでも落としたい体重を、あらかじめ目標として持つことで、計画を立てやすくなります。

食事制限で置き換えをするにしても、大幅に可能な限り体重を落としたいのか、1キロでも落とせればよいのか、目標によって置き換える食事回数、内容も変わります。

あまりにも現実からかけ離れた、無理のある減量の数字を設定するのは控えますが、負担にならない程度の減少で、体重をどれくらい落としたいかを、最初にか投げておくことです。

10日でダイエットを成功させるためにおススメのダイエット法

10日でダイエットを成功させるためにおススメのダイエット法として、置き換え食品などを利用する、置き換えダイエットは即効性があります。エステサロンなどでもダイエットドリンクは販売をしていますが、ドラッグストアや通販サイトでも、栄養面を考えた置き換え食品やドリンクが、数多く市販されています。

10日間という期間が決まっているダイエットなので、この期間は食事のカロリーを大幅に減らす必要があります。食事は何を食べたらよいか迷いがちですが、1日の中の1回から2回を、市販の置き換え食品やドリンクに変えることで、栄養面の良い置き換えをすることができます。置き換えドリンクのシェイクは有名ですし、酵素ドリンクなども役立ちます。

10日間ダイエットをサポートしてくれるおススメアイテム

10日間ダイエットをサポートしてくれるおススメアイテムとして、酵素ドリンクや青汁などの、飲むことで栄養を十分に摂取できる種類は役立ちます。短い期間で体重を落とすことは可能ですが、その期間に水分と筋肉だけを落とすのはナンセンスであり、リバウンドを起こさないためにも、栄養不足にならないためにも、市販の健康食品などを利用するのは良い方法です。

ダイエットサポートドリンクや、プロテイン飲料を飲むときには、シェーカーやスプーンがあると便利です。体は必要な栄養が入ってこないと、もっと食べたくなる傾向があるので、必要な栄養を健康食品で補うのは賢い方法です。ダイエットサポートの、様々なサプリメントも、短期間ダイエットを助けてくれます。

栄養不足に注意!無理のないダイエットをしよう

栄養不足に注意をして、限れた期間では無理のないダイエットをすることが必要です。短期的なダイエットは即効性がある、若干ハードな減量方法になりやすいですが、その中でも意識的に取り組みをするのは、健康維持に必要な栄養を摂取することです。

長期的に行う緩やかなものとは違い、10日間という短い期間限定のダイエットは、食事面への制約も厳しめですし、運動も同時に取り入れる必要があります。

短い期間での減量で運動もするとなると、栄養面は必須になりますし、すぐにリバウンドにならないためにも、食事では何を食べるべきか、食べないべきかを見極めることです。食事をある程度制限することは必須ですが、カロリー面だけではなく、栄養という面を重要視します。