100円ショップでも手に入る!小顔ローラーの効果的な使い方

小顔ローラーは安価で手に入るとても簡単な美容器具で、その使い方も肌の上をころがすだけというシンプルさです。小顔ローラーは確かにころがすだけのものですが、その使い方によってはより効果を出すことも可能になります。例えば下から上に向けて使うとか、中から外に向けて使うと良いというような事です。

小顔ローラーには自分がここを引き締めたい、というところをピンポイントで引き締めることが出来る使い方があります。気をつけてほしいのは、気合が入りすぎて肌を転がすローラーにも力が入りすぎてしまうと肌に逆効果を与えてしまいますので、皮膚があまり動かない程度の力加減で行うようにしましょう。

小顔ローラーは肌に刺激を与えますので、使う前には必ず保湿を行うようにして、より効果的な使い方を試してください。

小顔ローラーが最適です

骨格を変えることは出来ませんが、小顔を目指すなら小顔ローラーを使うのが最適だと言えます。美容クリニックなどに通う必要がないことから費用を安く抑えられますし、自宅で簡単に実施できることからプロに顔のマッサージをしてもらうのより時間の融通がつけやすいからです。

お金をかけてもいいので効率的に顔を小さくしたいというのであれば、フェイスマッサージを受けに行くこととプチ整形の施術を行ってもらうことも検討すべきだと言えます。しかしどちらも同じクリニックやサロンなどといった施設に何度も通わなければいけないので、最終的な出費が想像以上になってしまうことも珍しくはありません。

貯金に余裕がある方にならプロの施術はおすすめできるのですが、あまりお金の無い学生さんなどは無難に小顔ローラーを活用するようにしてみるといいでしょう。実際に小顔ローラーで顔のサイズが小さくなるのかというと、消費者満足度の高い商品なら高確率で小顔になるものと捉えておいてください。

100円ショップで売っているような安い小顔ローラーに関しても効果的なものは存在していますので、安すぎる商品だからといって不安を持つ必要がないことも合わせて覚えておいてもらいたいです。

体液の流れをスムーズにする事が重要

普段からデスクワークばかりをやっていて身体を動かさなかったり、睡眠不足な日々が続いてしまっていると、顔や手足のむくみが一気に悪化する場合もあります。何か病気でも患っているのかと思えてしまうほど、むくみが悪化する前に小顔ローラーなどを使って対処をしてください。

力を込めてマッサージをしていれば、顔のむくみが取れるというわけではなく、体液を優しく動かすような感覚でマッサージを行う事をおすすめします。リンパ液が流れているリンパ腺は、皮膚の表面にとても近い位置にありますから、そこまで力を込めてマッサージをしなくてもリンパ腺を刺激する事は簡単です。

皮膚を刺激するために力を込めすぎてしまうと、逆にリンパ液の流れを止めてしまう事になりまうから、優しく小顔ローラーを動かしてみてください。運動などで少し汗を流しておくのも重要で、運動をする時間が無い人であれば半身浴やサウナを楽しむ事で、体内の水分量を調節してみる事をおすすめします。

水分を飲む量を減らす事で、身体のむくみを改善しようとするのは逆効果になる事が多いです。適度に汗をかきながら何度も水分補給をする事によって、体液の流れをスムーズにする事ができます。

小顔ローラーはさまざまな場所で購入可能です

小顔ローラーはさまざまなところで販売されています。百円均一ショップ、雑貨屋、ドラッグストア、家電量販店、ホームセンター、大手スーパーマーケットなどで簡単に手に入れることが可能です。最近は小顔ローラーを扱うショップが増えてきましたので、各所で見つけることができます。それだけに質の上下の差はかなりあるのが現実です。

ピンからキリの表現がぴったりときます。安いものであれば100円と少しで買えますが、効果が出やすい上質なものになると、万円の単位に跳ね上がるのです。口コミでの感想によると、安いものであればあまり成果が上がらず、それどころか、皮膚を傷つけたりすることもあります。マイナス効果につながりますので、値段が安すぎるものは疑問視せざるを得ません。

もちろん、値段が高ければ必ずいい結果が得られるというわけではありません。そのあたりは商品をめぐっての口コミを細かくチェックしていくことが大事になってきます。あるいは小顔ローラーの購入場所として、通販サイトも推奨されます。

通販サイトのほうが、幅広く商品を探すことができます。通販ですと、値段もさほど高額ではなくて、買い求めやすいプライス設定がなされていることは、一般の通販サイトと全く同じです。

下から上に内から外側へと転がすのが基本です

小顔になれる効果でおなじみの小顔ローラーですが、実際に使用するとなると使い方に不安を持っている人は案外多いのではないでしょうか。正しく使用すれば1週間程度で効果を実感することができますが、使い方を知らずに何時間もコロコロとやりすぎると肌トラブルの原因になりかねませんよ。

小顔ローラーはシンプルだからこそポイントをしっかり押さえて正しく使う必要があり、下から上へ中から外へと動かすのがポイントです。リフトアップしたい場合は下から上へと転がすのですが、一定方向に動かすようにする必要があります。上下に往復させて使用すると上に持ち上げた肌を下げてしまうことになり、かえって肌をたるませてしまうことになるので注意が必要です。

軽く優しく回転させることが大事で、強く押さえつけながら動かすと肌に強い刺激を与えることになります。皮膚があまり動かない程度の力加減で使用するのがコツで、軽く転がすほうが高い効果が期待できますよ。

フェイスラインに小顔ローラーを使用する時は顎先から耳に向けて上げていき、顔全体のケアをする場合は口元から耳の方向に頬の上を転がすようにして使用します。少しずつ上にずらしていきながら、目元から耳の方へ内側から外側に向けて転がすのが正しい使い方で、眉間から髪の生え際に向かって動かすようにしましょう。

小顔ローラーの使い方

小顔ローラーはただコロコロするだけで顔のサイズダウンが目指せることで人気となっています。それではなぜ、簡単な動きだけで顔が小さくなるのでしょうか。まず、普段は使用することのない表情菌が刺激されることが挙げられます。他の筋肉と同じように、顔の筋肉も使わないとどんどん衰えていきます。

そうなるとたるみの原因にもなりますから、顔の筋肉を動かしてあげることが非常に重要なのです。小顔ローラーなら表情筋を動かせるのでリフトアップにつながります。たるんでいたお肉を上に押し上げる効果があるからです。肉がたまりやすい顎周りや輪郭を重点的にローラーでケアしてあげましょう。そうすると、顔にあるリンパの流れがよくなります。

新陳代謝が上がっていくため、輪郭のラインがすっきりしていくのです。二重あごでたるんでいたとしても、細くなってくので若返りの印象を与えられます。あごのエラが張ってしまうのは遺伝かもしれませんが、ハリを与えてあげることによってエラの改善が期待できます。

顔のサイズの大きさが気になっている人は、小顔ローラーでたるんだお肉を上に上げていきましょう。エラで悩んでいる人にとっても、小顔ローラーが役立ちます。

表情筋を適度に刺激

顔がたるんでしまう原因のひとつが、顔を動かす表情筋の衰えです。顔全体にも表情筋をはじめとした筋肉がついているので、普段使われていない部分の筋力は低下します。地球には重力がありますから、表情筋が衰えてしまうと下に引っ張る力に負けてしまい、たるみとなってしまいます。

衰えた表情筋を鍛えることが、リフトアップには欠かせません。小顔ローラーは、顔の上からコロコロと表情筋に適度な刺激を与え鍛えることで、引き締め効果が期待できます。表情筋が鍛えられることに伴い、ほうれい線の解消や口元のアップにもつながるのも嬉しいポイントです。

小顔ローラーがリフトアップの手助けとなる理由は、それだけではありません。ローラーが転がる際の圧力で、マッサージ効果が生まる点です。顔全体の血行やリンパの流れが促され、代謝が上がったり老廃物が排泄されやすくなったりします。ハリツヤのある肌づくりにつながるため、リフトアップに一役買ってくれるでしょう。

また、販売されている種類によっては、表情筋の奥深くを刺激してくれるタイプのもの、顔に使用できる部分の形状が違うものもあるので、いろいろ選ぶことも可能です。
小顔ローラーを有効に使い、たるみ解消を実現しましょう。

小顔ローラーで覚えておきたい大切なポイント

小顔ローラーを使うと誰もが必ず小顔になれるわけではありません。と聞くと、これからいざ使いたいと思っている人はショックを受けるかと思いますが、自分でするマッサージや小顔になるための表情筋のトレーニング、小顔体操をした方が効果的な場合があるからです。

小顔ローラーを使うかどうか迷っている人は、まず自分の大顔のタイプを見きわめることです。骨格矯正が必要かどうか、筋肉のつき方、むくみなど大顔の原因は様々です。小顔エステでは、皮膚や筋肉を刺激するのに対して、韓国式の骨気(コルギ)なども骨格に働きかけるので大顔に効くと言われています。骨気(コルギ)とは、骨に圧を加えて動かす手法です。

肌に直接触れる小顔ローラーのヘッドの部分の素材選びはとても大切です。肌質によって素材の種類を選ぶと良いでしょう。安価なものはプラスチック製ですが、人気のあるプラチナ製、ゲルマニウムやチタンなどがあります。

肌を挟む球の大小、棒状など持ちやすさや、ずっしりした重みがあるのが好み、軽い方が持ちやすいなど、自分にぴったりなものを実際お肌にあててみて選ぶことです。価格も非常に幅広いラインナップがあります。百円ショップや美容サロン、家電量販店など、どこで買うかも迷ってしまいます。

頭や首元、足首などにも使える小顔ローラーは、お肌がグッと引き上げられるような、つままれ具合が魅力で、肌をいたわり加減して使うことが大切です。コロコロと転がすだけでも効果的ですが、角度や強弱を加減して、お肌や筋肉に負担の無いように使いましょう。いつでもどこでも持ち運びして使える小顔ローラーは、大きな味方になってくれるでしょう。

小顔ローラーを使っても効果がない人の特徴

コロコロと頬などにローラーを転がして顔を小さくスッキリとした印象にする効果が期待できる小顔ローラーは、効果があったという人も多い一方で、あまり効果がなかったという人もいます。

そのような場合に効果のなかった原因として考えられることには、使用期間が短かった・少ししか使わなかったということやローラーでむくみや刺激を与える方法自体があっていなかったということが挙げられるでしょう。

小顔ローラーの効果を得るにはある程度継続して使うことがおすすめです。すぐに結果が出ないと止めてしまうのではなく、1週間くらいは続けて使ってみるとよいでしょう。顔のむくみやコリには個人差があるものですが、やりすぎても肌に負担がかかり美容には良くありません。適切な時間、毎日続けて小顔ローラーを使ってみるとフェイスラインがスッキリとすると実感できるかもしれません。

一方でどんなに使っても効果が出ないという場合には、この小顔ローラーの方法で顔を小さくするということ自体が合っていないという可能性もあります。あまり顔に肉もついておらず特にむくんでいるわけでもない場合は、小顔ローラーを使ってもそれ以上顔のラインを変えることは出来ないからです。

小顔ローラーの効果が期待できる人の特徴

人によってあまり効果を感じられなかったという人も中にはいますが、反対に小顔ローラーを使うことによってフェイスラインをスッキリさせられた・引き締まった感じになったという効果が得られる人も大勢います。そんな小顔ローラーが向いている人とは、ある程度顔に肉がついていてフェイスラインをスッキリさせたい人や、引き締めたいという人です。

一日の中で長い時間下を向いていたりパソコンを使っていたりという生活を続けていたり、あまり人と会話をしないでいると顔の筋肉も使うことがなく、たるんで見えることにもなりがちです。そのような場合は小顔ローラーで顔の筋肉を刺激するとよいでしょう。

また寝すぎて顔がむくんだときや二重あごで悩む人にも向いており、顔の左右をコロコロ小顔ローラーで刺激するとリンパの流れが良くなりフェイスラインをスッキリとさせられることも少なくありません。頬の筋肉が凝っていてエラが張っているという場合にも凝りをとりスッキリさせることができるでしょう。

基本的に顔に使いむくみや凝りを取ったりするために使うのが小顔ローラーですが、その用途は顔に使うだけでなく、足のマッサージにも使えるため、足のむくみを取りたいという人にも向いています。

効果が出てくる期間

効果の出るまでの平均の期間は?

口コミでの平均は、小顔ローラーの使用をスタートしてから一週間程か多いです。しかし、あくまで平均であり、個人差や小顔を遠ざけているそれぞれの原因にもよります。

ただ、主に血行不良やリンパの流れを良い状態にすれば徐々に効果は出てくるので、継続して行う事が必要です。すぐに効果が出やすいのは、水分による一時的に浮腫みで顔が大きくなってしまった時と考えておいた方が無難です。

継続は力なり

平均で効果が出やすいのは一週間くらい使い続けたらという意見が多いのですが、「最低一週間」と考えて継続して行いましょう。そして、そこで全く効果がないとか逆効果だったという時には、使い方が間違っていないか、サイズなどが自分に合っているか、1日行う時間の長さはどうかという事を確認してみましょう。

また、顔の肉や浮腫みが原因で大きく見えるようになった訳じゃなく、元々の骨格がしっかりしている事が原因の場合は、根本の骨格以上には小さくなりませんから、小顔ローラーでいくら継続して行っても無理です。小顔ローラーは、整形とは違いますから「徐々に改善されて効果が得られるもの」と考えておくこと、そして継続して行う事が必要です。

賢く小顔ローラーを使い綺麗になる

小顔に憧れる女性は多いですが、小顔になるマッサージをいろいろ試してみてもいまいち効果がでないと嘆いている人も多いです。そんな人におすすめのアイテムが小顔ローラーです。テレビを見ながらやスマートフォンでネットを楽しみながらなど、いつでもどこでも使えるので人気があります。

本当に効果があるのかと疑問を抱く人もいますが、小顔ローラーを顔の上で転がすことで、普段は使わない表情筋が刺激されてリフトアップの効果が出るというわけです。顔の筋肉は身体の筋肉と同じで、使わないでいるとどんどん衰えていきます。小顔ローラーを使うことで、深層表情筋と呼ばれる筋肉を刺激することができので、今迄たるんでいた顔の筋肉を押し上げることができます。

小顔ローラーの効果的な使い方ですが一定の方向に動かすことです。たまに下から上に動かした後に上から下に戻す人もいますが、顔についている肉が下に下がる可能性があるので、必ず一定の方向に動かすようにしましょう。

ゲルマニウムの小顔ローラーを使用する場合は、32度以上の場所で使用するとマイナスイオンが発生するので効果的です。肌はより暖められた状態で使用すると、多くのマイナスイオンが発生するので小顔効果だけでなく美肌効果も期待できます。

ぴったりの小顔ローラーを選ぼう

小顔ローラーにも様々な選択肢があるので、見つけたものを適当に選んでしまうと、望む効果を効率的に得られない場合があります。自分がどんな目的で小顔ローラーを使うのか、どれくらいの予算を考えているかなどで、自分に合うものがどれかは違ってきます。よく考えて選ぶようにしましょう。

まず、形状から大きく異なる種類があります。スティックタイプは先端にゲルマニウムなどの金属が埋め込まれていることが多く、肌への圧力も加減しやすいことから、美肌目的で用いられています。

一方、先がY字に分かれていて、頬を両側から挟むようにして使うY字タイプは、リンパを刺激して顔をすっきりさせるために用います。目的が美肌なのか、シルエットなのかという時点でガラリと小顔ローラーのタイプが違うのです。また、先端に埋め込まれている金属も得られる効果がそれぞれ違います。

ゲルマニウムなら肌質を改善することが期待され、セラミックなら遠赤外線効果で血行促進といった具合です。パッケージの裏面などに使われている金属の名前や効果が記載されている場合があるので、あらかじめ確認しておきましょう。もちろん値段も重要なファクターです。これらを総合的に判断して、自分に合うものを見つけてくださいね。

迷ったら人気のある小顔ローラーから選ぼう

小顔ローラーはたくさんありますが、どれがいいのか迷ってしまいます。人気のあるローラーがマイクロカレントを発生するリファカラットです。丸いボールが適度に肌をつまみ、軽い力でマッサージ効果と美肌効果も両方を実感できます。

防水加工のためお風呂に入りながら使えて便利です。ソーラーパネルが本体に内蔵されているため、充電不要でいつでも使いたいと思った時に使える手軽さが選ばれています。小顔ローラー初心者にオススメの品です。

リファカラットと比較されることの多いのがヤーマンのトルネードRFボーテです。こちらも丸いボールで揉み出しができるタイプですが、肌を温めるRFモード、表情筋を鍛えるフェイスリフトモードに、ボディ用のEMSもついているマルチなローラーです。顔だけではなく全身に使いたい人向けです。多機能な分、リファよりも1万円ほど値段が高いのがデメリットです。

エステティシャンの指の動きを再現して作られているのがスリムセラです。スティックタイプのローラーで、独特な動きをする5本のローラーが顔の筋肉とリンパに刺激を与えていきます。顔の引き締めだけではなくマイナスイオンによる美肌効果にも期待できます。細身のボディですので、顔の細かい部分まで丁寧にローラーでケアしやすい特徴があります。

小顔ローラーを使うメリット

誰でも簡単にコロコロと転がして使うことのできる小顔ローラーは、家に一つ置いておくと気軽に使いたいときに使えるのが魅力で、そのメリットには様々なものがあります。

起きたら顔が浮腫んでいた…という朝には顔に美容液をつけた後、両頬やエラの周辺をコロコロと撫でるように小顔ローラーを使ってみると良いでしょう。ローラーを転がして顔を刺激すると、滞っていたリンパの流れを促進させることが出来て、フェイスラインを次第にスッキリさせることが出来ることも少なくありません。

顔のラインがスッキリしていないとき頬のあたりやエラを触ってみると硬くなってコリコリとしていることがありますが、マッサージ効果のある小顔ローラーを使うことで柔らかくなるのが感じられるでしょう。

またこの小顔ローラーは一つあれば顔だけでなく二の腕や脚などにも使えるため、入浴中などに脚をマッサージすると自分の手で揉むよりも力が不要で楽に揉み解せ、立ち仕事で浮腫んだ脚もスッキリさせられます。

このようにお風呂に入りながら・テレビを見ながらなど、何かをしながら片手で簡単に顔や体の浮腫みをとったりマッサージが出来るのもこの小顔ローラーの特徴で時短になるメリットがあります。

小顔ローラーを使用する際の注意点

小顔ローラーは小顔になれることから女性だけでなく男性の愛用者も増えてきました。また顔のむくみが気になる場合やフェイスラインをすっきりさせたい場合にも有効です。小顔ローラーは正しい使用方法であれば毎日継続して使用し続けることで効果を実感することができますが、使用方法や姿勢などが誤ってしまうとなかなか効果を得られないこともあります。

小顔ローラーを使う上で注意すべきことは、毎日継続して使用するほうが良いですがやりすぎは禁物です。1回の使用時間は5~10分程度にしておかないと皮膚に赤みが出てしまうなどの肌トラブルを引き起こしてしまうことがあります。とくに商品によって使用時間や使用方法は異なってくるので取扱説明書をしっかりと読んでおくようにしましょう。

また力を入れ過ぎて使用してしまうと肌に強い刺激を与えてしまうため力加減に注意する必要があります。さらにはすでに乾燥肌がある場合には小顔ローラーを使用することでローラーの刺激や摩擦により傷やシミなどを生じさせてしまうため、使用前後は保湿ケアをしっかりと行ってから使用するようにしましょう。もちろん肌に影響が出てくるようであれば使用をストップしましょう。