20代になったら意識しよう!顔のたるみ対策に重要なコラーゲン

女性の敵と言えば、「シミ・シワ・ほうれい線」など様々ありますが、今回は老け顔に見える最大の原因、「顔のたるみ」について紹介しています。

コラーゲンとたるみの関係性について、ビタミンAの働きについて、たるみを解消してくれる食べ物などについての情報をまとめました。

たるみとコラーゲンの存在の意味

肌のたるみは、肌の内部が老化してしまいます。まるで、ゴムが劣化したようなボールのように、ピンと張り詰める事ができない状態です。肌の構造は、表皮・真皮・皮下組織の3層になっています。そして、その下には脂肪組織と筋肉があります。それぞれ細胞がひしめき合っているのですが、細胞間にはコラーゲンやエラスチンなどがたくさん存在していて、肌を持ち上げていることになります。

肌の老化現象として、美容成分を使いましょうというのは、不足したこれらの栄養を入れるためで、美容成分にはきちんとした意味があります。若い肌は、みずみずしく弾力があります。細胞分裂が盛んに行われ、新陳代謝を繰り返す、本来自分が持つ美容成分も豊富に存在しているからです。

柔軟性・弾力性のある肌、空気が入ったボールのようです。肌老化は20歳を過ぎた頃から。新陳代謝も衰え始め、柔軟性が失われていき、美容成分も不足します。特にコラーゲンが真皮を支えていることから、スキンケアばかりではなく、食事なども意識してみてください。コラーゲンの存在の意味が良く理解できます。

というのも、豊富なコラーゲンが体内に入ることで、たるみ改善ができるとされています。もちろん、コラーゲン以外の年齢肌に合う美容成分を豊富に入れることも大切で、何歳になってもたるみは改善されるとされています。

たるみに効果的なビタミンAの働きとは

たるみが気になる方は年齢を重ねた女性ほど増えるものです。ただしシミなどとは違い、この肌トラブルはセルフケアで改善することが難しいと思われがちですが改善のための正しい知識とケアでたるみをケアし、予防することが可能です。

この肌トラブルを解消する鍵を握るのがコラーゲンです。コラーゲンは肌の奥の真皮層にある繊維細胞で、肌の弾力を司って外側からの衝撃を和らげたり、ハリを持つ働きをしてしています。このコラーゲンははじめは肌の奥にたっぷりとあるのですが、年齢を重ねると同時にどんどん減少していってしまうのです。そのため、肌はハリを失い徐々に下垂していってしまうのです。

このコラーゲンの生成を助けるのがビタミンAです。ビタミンAはレチノールという形でさまざまなコスメに入っていますが、このレチノールがコラーゲンの生成を高め、肌のハリを取り戻すことができるのです。またレチノールを使うと同時にコラーゲンを積極的に摂取することもたるみケアに大変効果的です。

コラーゲンは吸収するときにビタミンCを使いますので、コラーゲンと同時にビタミンCを摂取することで効率的にコラーゲンを取り込むことができます。レチノールとコラーゲンでしっかりしたたるみケアを行うことができるのです。

顔のたるみに効果的な対策とは

顔のたるみは皮膚そのもののコラーゲンが減少し、皮膚に弾力がなくなってできる場合と、皮膚を支える顔の筋肉が弱くなって皮膚を支えられなくなってできる場合とがあります。たるみは一度できてしまうともう戻らないというわけではありませんので、原因をよく理解した上で適切な対策をとり、症状の改善を目指しましょう。

肌内部に存在するコラーゲンは、いわば皮膚の基礎となっている部分であり、加齢によってこれが減少すると肌は土台が緩くなり、弾力を失ってたるんでしまいます。肌内部のコラーゲンの減少を少しでも食い止めるためには、コラーゲンの材料となるたんぱく質を食事から十分に摂取し、また細胞の分裂に欠かすことのできない睡眠をしっかりととる習慣をつけることが重要なポイントとなります。

また、肌の下には表情筋と呼ばれる無数の筋肉が存在していますが、これらの筋肉も表面の肌を支えて張りを持たせる役割をしていますので、表情筋の衰えがたるみの原因の一つとなっています。表情筋は顔面エクササイズによって鍛えることが可能ですので、毎日の習慣として継続的にトレーニングを行うことでたるみ対策ができます。

やり方には様々なものがありますが、自分が鍛えたいと思う部分を重点的に鍛えられるよう、効果的なエクササイズ方法を見つけましょう。

頬のたるみはコラーゲンを摂ることでケアする

頬のたるみを気にされる方は年齢を重ねるほど増えていきます。頬には大きな筋肉があり、これが加齢により下垂してたるむことでほうれい線が目立ってしまい、老けた印象になってしまうのです。このようなたるみを防止するために出来るセルフケアはいくつかあります。まずは肌の弾力をアップさせるため、コラーゲンを摂ることです。

コラーゲンは肌の奥の真皮層に存在して、ハリを保つ役割をしています。ただしこのコラーゲンは年齢とともに徐々に減少してしまうので、肌は乾燥しやすくたるみやすくなってしまうのです。コラーゲンを摂ることができる食材としてはフカヒレや鶏がらスープ、ゼリーなどがありますが、毎日の食事の中から摂取するのが難しければ、サプリメントなどを活用して摂取するのも良いでしょう。

それ以外には美顔器を使ったフェイスケアも効果的です。美顔器の中の超音波は1秒間に100万回もの振動が筋肉に作用して引き締めるので、たるみを改善する効果も大変高いのです。エステなどでも導入しているプロ並みの効果がある超音波は、家庭用美顔器にも同じ機能が付いているので効果的です。このようなコラーゲン摂取と美顔器でのケアでたるみを内からと外からケアできるのです。

気になる顔のたるみを解消する食べ物

目元、口元、あご、ほおなど顔のたるみは年齢を重ねるごとに気になります。エステやリフティングクリーム、マッサージなど対策は様々な方法がありますが、値段が高かったりしてなかなか続けられず、あきらめた経験のある人は大勢います。一番大切なのはたるみのできる原因を知って、毎日効果的にケアを実践することです。

たるみのできるメカニズムは、顔の皮膚の構造と大きく関係があります。皮膚は表皮・真皮・皮下組織という3層構造でできていて、その内部で細胞分裂が盛んに行われています。しかし、年齢を重ねるごとに細胞の働きが鈍くなり、新陳代謝が活発でなくなるため皮膚の弾力が弱まってコシやハリがなくなり、顔がたるんでくる原因になります。

肌に弾力を与える最も大切な成分は、真皮の半分以上を占めるコラーゲンとエラスチンです。これらは年齢と共に細くなったり縮小してしまうので、外部から補給してあげることが大切です。サプリメントを使う方法もありますが、一番よいのは食べ物から摂取することです。

コラーゲンとエラスチンを多く含む食べ物は、豚足や鶏皮、手羽先、牛スジ、牛テール、うなぎ、エビ、カレイなどが挙げられます。これらを毎日の食事に上手に摂り入れて、内側から顔のたるみを解消できるようにしましょう。

たるみの改善とゼリーと。

たるみ改善を考えた時に有効な食べ物のひとつが、ゼラチンで作られたゼリーです。ゼリーの原材料には、ゼラチンの他、寒天とアガーがあります。ゼラチンは動物性のコラーゲンなのに対し、寒天は天草から作られたもの、アガーは海藻から抽出した成分です。

肌のたるみを解消したいと考えた場合、肌の中で表皮を支えるコラーゲンを意識するのが有効で、その為には、コラーゲンで出来たゼラチンを積極的に摂取する事がお勧めです。ですから、たるみの解消を考え、市販のゼリー等を購入したいと考える際は、ゼラチンで出来たものを選ぶ事が大切です。

もしくは、ゼラチンを購入し、作るという事もお勧めです。自宅で作る場合、ビタミンCが豊富に含まれた果物を使って作る事がお勧めです。ビタミンCは、肌のコラーゲンの生成を助けてくれる働きがあります。それにより、ゼラチンだけを摂取した時よりも、更に肌にハリと弾力を取り戻してくれる効果が高まります。

市販の物を購入する際も、ビタミンCが豊富に含まれた果物の果汁や果実を使ったゼリーを選ぶようにする事がお勧めです。更に、しっかりとした、たるみ改善を考えたら、デザート以外でもゼラチンを使った料理を取り入れるようにしてみると良いでしょう。