30代の肌にオススメ!ハリを与えて潤う化粧水をご紹介

いくつになっても綺麗でいたい。全ての女性の願いですよね。しかし最近お肌にハリがなくなってきた、なんだか乾燥してお肌がパリパリ、なんてお悩みの方も多いのではないでしょうか。

20代の頃はお化粧をしたまま寝てしまった、なんてことがあっても以外と大丈夫でしたよね。ですが30代になってくると、そうもいきません。加齢にともない少しずつ代謝が下がってきたり、20代の頃とは生活習慣が変わりお肌の質が変わってくることも。

やはり年齢に従って、スキンケア商品も変えていかなければなりません。ここでは、そんな30代の皆様におすすめの化粧水をご紹介していきます。あの頃のハリを取り戻し、みずみずしいお肌を手に入れましょう。

30代になったら肌年齢を意識

20代のうちは少々スキンケアを怠ったりメイクを落とさず寝たり、徹夜をしてもそれほど肌が荒れることはありませんが30代に突入すると肌のコンディションが全く違ってきます。今までよりも皮脂の分泌量が落ちて潤いが失われたり、乾燥してダメージを受けやすくなるので、化粧水もこだわって選ぶことが必要になります。

ポイントは保湿がしっかりできること、次に使うスキンケアアイテムの有効成分が浸透しやすくなること、細胞を活性化させて潤いを与えてくれることです。ヒアルロン酸、ビタミンC、ビタミンE、コエンザイムQ10、コラーゲン、セラミドなどアンチエイジングによい成分が配合されている商品なら上手にお肌のケアができます。

まだ30代だからエイジングケアはいらないと思っていると、年齢を重ねたとき差が出てしまいます。今のうちにきちんとケアを始めておけば将来のシミやシワを予防したり、いつまでも肌年齢を若く保つことができるようになります。

20代までは手頃な値段の化粧水を使って適当にスキンケアをしていた人も、30代を過ぎてからは少し高品質な大人のコスメに着目して、保湿や細胞の活性化ができるタイプの化粧水を使うようにしましょう。

乾燥しやすいのが30代の肌

仕事に家事、子育てと忙しい毎日を過ごしている30代の人は、まだまだ若いと思っていてもお手入れ不足やホルモンバランスの乱れが肌に影響しやすい年代です。加齢の影響が出始める年代でもあるため肌の水分量と皮脂量が減少し、20代の肌と比較して乾燥しやすくなることが特徴です。

目元や額にしわができたり、目の下の小じわが気になり始める人が多く、シミや頬のかさつき、輪郭のゆるみなどが気になり始める人が多いのが30代です。しわやシミ、くすみやたるみなどの大きな原因は乾燥です。エイジングのサインの多くが乾燥によって進みやすくなるため肌を乾燥させない保湿ケアを十分に行うことがとても大切です。

また20代の時にはさっぱりとした感触の化粧水を選ぶ人が多いのですが、肌にしっかりと水分を与え、蓄えた水分を長時間キープすることができる高保湿の化粧水を選ぶことがポイントです。

水分を与えるだけではなく蓄える働きがあり、肌にもともとある成分で刺激が少ないセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などを配合している化粧水を選ぶことや肌の生まれ変わりや代謝を助け健康的な肌を作る働きがある成分を配合している化粧水を選ぶようにすることがおすすめです。

30代の化粧水は高保湿なものがおすすめ

30代になると肌本来が持っている水分保持能力が少しずつ失われていきます。すると肌の水分量が減少してしまいハリが失われたり乾燥することによって刺激を感じやすくなってしまいます。ですが年齢による影響のため避けて通ることはできません。そのため不足した機能を補うためにスキンケアで水分と保湿成分を与えてあげる必要があるのです。

そこで30代は化粧水を選ぶときに、含まれている成分に注目することがポイントになります。選ぶ際に一番欠かせない効果としては保湿であり、できるだけ肌が求めている高保湿成分がふさわしいものとなっています。

高保湿成分というのは水分を蓄える機能に優れており、よりたくさんの水分を肌にとどめておけるものです。肌に高保湿成分を補うことでたっぷり水分を含んで維持し続ける効果が期待できます。

化粧水は水分がたっぷり含まれているため効率よく肌の奥深くまで成分を届けることができるので、肌にとってプラスになる成分を選んであげることが美肌を保つ秘訣になります。年齢に負けることなくハリやツヤを保つためには、乾燥肌対策が一番重要です。高保湿成分が含まれている化粧水を使って肌に必要な水分をしっかり補ってあげましょう。

30代のニキビケアにはビタミンC誘導体

ビタミンCはニキビケア成分というよりもしみやそばかす、くすみに効果を発揮するというイメージがありますが、毛穴を引き締めたりニキビ跡の原因であるメラニンの予防、抗酸化作用、肌のキメを整えるなどの美肌効果もあります。

最近ではビタミンCではなく、「ビタミンC誘導体」という言葉をよく目にしますが、ビタミンCは不安定な性質なのでほとんど肌に浸透することがなかったため、肌に浸透するように安定化させたものがビタミンC誘導体というわけです。このビタミンC誘導体は30代の大人ニキビにおすすめです。

なぜなら、ビタミンC誘導体のニキビに対する効果は、皮脂の過剰分泌を抑えてバランスの崩れた肌質を改善すること、メラニン色素を還元することによってニキビ跡を防ぐ効果を持つからです。そして、新陳代謝を促すという働きもあります。

いくつか述べた中で、大人ニキビに対するビタミンC誘導体の働きとして最も注目すべきなのが、ニキビが治った後に残る赤いニキビ跡のケアができるという点です。これだけでも30代のニキビケア成分として十分に優れているのですが、ビタミンC誘導体自体にはニキビへの直接的な作用はなく、ニキビを治したり、治りを早めるという効果は期待できません。

しかし、肌の環境を整えてニキビができにくい肌を作ったり、できてしまってもニキビ跡を残さないように作用するのはビタミンC誘導体以外ないでしょう。化粧水に使用されるのは、皮膚に吸収されやすい水溶性ビタミンC誘導体です。リン酸型ビタミンCやアスコルビン酸、アスコルビルエチルは皮膚に吸収されやすく、化粧水によく配合されています。

炎症を抑えてニキビをケア

30代の大人ニキビに効果的な有効成分としてグリチルリチン酸2Kがあります。グリチルリチン酸2Kは甘草由来の天然成分で、抗炎症作用がありニキビの炎症を鎮めるのに効果的です。甘草の根の部分に含まれている成分なのですが、甘草は元々漢方の原料としても使用されてきました。

思春期にできるニキビは皮脂の分泌が過剰なことによって起こりますが、大人ニキビは様々な要因が重なって引き起こされます。肌の乾燥やストレス、紫外線のダメージ、栄養バランスの偏った食事など色々な原因が考えられますし、いくつかの原因が複合的に重なり合っている場合もあります。大人ニキビにはいくつかの種類があり、白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ・膿が出るニキビです。

グリチルリチン酸2Kは、特に炎症を伴う赤ニキビに対して効果を発揮します。赤ニキビは白ニキビが悪化したもので、炎症が起こり赤く腫れた状態です。赤ニキビの炎症がひどくなると、膿を伴うようになります。

グリチルリチン酸2Kは炎症を抑える働きがあるので、赤ニキビの症状を改善するのに効果的です。グリチルリチン酸2Kは医薬品などにも配合される成分なので、炎症を抑える効果が高い成分と言われています。

コラーゲンにエイジング効果はある?

30代になるとお肌の質がどんどん低下していく年齢でもあるので、日々の入念なスキンケアが必要になります。肌年齢が低下すると実際の年齢よりも老けて見られてしまうので手遅れにならないうちに正しいスキンケアを行うことが大切になってきます。コラーゲンは肌によいことは知られていますが、アンチエイジング効果も発揮します。

高い保湿効果があるのでお肌の内側から水分を保持するので乾燥から肌を守る役割があります。特に冬は肌が乾燥しやすいので外部刺激を受けやすく、コラーゲンが不足しているとしわやたるみの原因にもなるのでコラーゲンが配合された化粧水などでしっかりケアを行うことです。肌に十分な潤いを与えることによってリフトアップ効果も期待できるので若々しい肌を保つこともできます。

コラーゲンは年齢とともに減少していくので、普段から不足分を補わなければ見た目年齢を高くするだけではなくその他の肌トラブルにも繋がります。

30代だから仕方ないと諦めるのではなく、コラーゲンを補うことで肌の悩みを改善することができますし、今のうちからきちんとお手入れを行っていれば10年後の肌にも違いが出てきます。若々しさを得るためにもコラーゲンを十分に補うことが大切です。

30代の化粧水レチノールに期待出来る効果

30代向けの化粧水にはレチノールが配合されているものも見かけることがあります。レチノールはターンオーバーを促す効果があり、角層内の細胞を表皮の上へと押し上げて、メラニン色素を含んだ細胞を排出してくすみやシミ、ニキビ痕を目立ちにくくするのをサポートしてくれます。肌の表皮が生まれ変わるためピーリング効果もあるといわれています。

ターンオーバーが遅れているときはよいですが、早すぎるときには使うのは危険です。敏感肌やインナードライ肌だとバリア機能が下がっている状態なのでターンオーバーが促進していることもありますし、乾燥肌が酷いときも使うのは注意が必要です。

他にも線維芽細胞を活性化させてコラーゲンやエラスチンの産生を補います。そのため肌のハリやツヤを良くする効果もあるとされていますが、深く刻まれてしまった真皮シワやほうれい線、たるみなどを改善することは出来ません。皮脂分泌を抑える効果もあるので肌を整えてニキビを予防してくれます。さらに毛穴のつまりや黒ずみ、いちご鼻などの予防も期待できます。

レチノールは紫外線を吸収するので光老化の軽減や肌の細胞のDNAを保護してくれます。その効果で紫外線ダメージの軽減もあるといわれています。

30代の化粧水 注目されている成分

30代の化粧水ではエイジングケアが期待出来る成分が含まれているものが少なくなく、その中でも注目されているのが「ヒトオリゴペプチド」です。この成分にはターンオーバーを正常化させる効果があるといわれていて、肌はターンオーバーを繰り返して真皮層で生成された肌細胞が表皮にまで押し上げられて古い角質層は自然に剥がれます。老化がない肌だと周期は28日間だとされています。

30代になると体内のホルモンバランスが崩れてきたり、紫外線で体内の活性酸素量が増えたりしてターンオーバーの周期も長くなり、表皮に浮き上がったシミやそばかすも色素沈着して長期間表皮に留まります。

ターンオーバー周期が長くなっている肌に、ヒトオリゴペプチドを使うことでターンオーバー周期の正常化を促して色素沈着予防や改善が期待できます。ターンオーバーの周期が長いと色素沈着以外に、肌色が悪くなりくすみもおきますがこれも改善へと導いてくれます。

シミやそばかす、くすみなど以外にも30代だとシワも気になってきます。ヒトオリゴペプチドは元々皮下にあって色々な細胞の再生に関わっていますが、年齢を重ねるとその量が減っていくため細胞の再生する早さも落ちてしまいます。

スピードが遅くなることで表面に出るのがシワです。ヒトオリゴペプチドは細胞の再生作用があり、これが含まれている化粧水を使うことで若々しい肌を維持したり、改善へと導くことも出来るかもしれません。

30代の化粧水 美白用成分のアルブチン

30代向けの化粧水は、保湿だけでなく美白成分も配合されていることが多いです。美白成分には色々な種類がありますが、アルブチンシミやくすみなど対策として化粧品によく使われています。

シミやそばかすが出来る主な原因は紫外線で、肌にあたると紫外線から肌を守るために体はメラニン色素を作ります。メラニン色素は通常だと肌のターンオーバーで20代だと28日周期で、自然と肌から排出されるようになっています。

ターンオーバーの周期は年齢を重ねると遅れてきて、他にも代謝が悪かったり、紫外線を浴びる量が多いなど過剰にメラニン色素が作られることが原因で、メラニン色素が肌に残った状態になると色素沈着を起こしてシミやそばかすになります。特に30代後半になってくると肌の代謝が落ちてしまい、ターンオーバーも正常に行なわれなくなってシミやシワなども目立ってきます。

メラニン色素を合成する成分はチロシナーゼという酵素で、チロシナーゼが紫外線や色々な原因が元で過剰に分泌されるとメラニン色素を合成して、シミの原因を増やしてしまいます。アルブチンや美白で有名なハイドロキノンは、チロシナーゼの過剰な生成を抑える働きがあってメラニン色素の過剰な生成の抑制や、色素沈着の予防に効果的とされて美白効果も有効だとされています。

アルブチンはシミの原因を予防するには効果的ですが、既に起きた色素沈着にはビタミンなど他の成分を一緒にケアを行なうことが重要です。

30代はインナードライに要注意

肌表面はテカテカなのに、かさつきを感じる。皮脂が出ているのに肌がつっぱる気がする。化粧ノリが悪いなど感じたことはありませんか。これこそが最近注目されている「インナードライ肌」です。肌表面は脂っぽさを感じるのに、お肌の内部はカラカラ。どんなスキンケア用品を選んだらよいのか悩むところです。

そんな方に人気なのがORBIS(オルビス)のアクアフォースローションです。なんとこのアクアフォースシリーズは2000年の誕生以来、17年も愛され続けているロングセラー商品です。アクアフォースはなんといっても肌自身がうるおう力を高めてくれるので、みずみずしさが持続しキメ美肌の実現が可能です。

肌本来の潤いに近いグリシン、アラニン、セリンが配合されており潤いを満たすことができます。満たした後は貯めて抱え込むことが大事になります。潤い成分が角層内ですき間なくシート状になることで外的刺激から守り潤いを貯めることができます。また、潤いが足りないところからスピード保湿できるので潤いを抱え込むことができます。

オルビスは100%オイルカット処方、無香料、無着色でやさしい成分であることでも有名です。年を重ね、環境の変化などによりお肌も日々変化を重ねます。
やさしい化粧水を使っていきたいですね。

30代のお肌にはアスタリフトが必要

30代におすすめの化粧水の条件は、ハリを生み出すエイジングケア成分と高い潤いが得られる保湿成分、そして若々しいお肌を保つ抗酸化成分が配合されていることです。これらの条件を全て満たしているのが「アスタリフトモイストローション」です。FUJIFILMがその技術を活かして作り上げた、あの赤いシリーズの中の化粧水です。

アスタリフトは30代のお肌にとても必要な成分が全て入っていて、しかもお肌が無駄なく取り入れることができるように処方されています。配合成分の中でも代表的なアスタキサンチンは抗酸化作用を持ち、ナノ化されていますので浸透力はものすごいです。また、FUJIFILMにしかできないフィルム技術を用いて生み出された3種のコラーゲンも入っています。

大きさの異なるコラーゲンがお肌のすみずみまで潤いで満たし、お肌をふっくらさせてくれます。そして、保湿成分であるセラミドはダブル配合で、他の化粧水ではなかなかできないみずみずしい保湿が実現しています。

アスタキサンチンの赤い色が何とも強力な効果を生み出してくれそうな化粧水です。しかも、ダマスクローズの華やかな香りに包まれるので、30代の疲れた心も癒してくれます。30代に本当におすすめの一品です。

ビューティ・アワードを受賞した化粧水

30代になったら使ってみたいマックスファクターの「SK-II フェイシャルトリートメントエッセンス」は35年以上も前から愛され続けているSK-IIの名品です。

美容専門家の間でも評価が高く、数多くの受賞歴もあって多くの女性に支持されている化粧水です。美肌のためのビタミンCやEをはじめとするビタミン類、アミノ酸類、ミネラル類に加えて50種類を超える有効成分が入っているおかげで肌本来の輝きを取り戻し、小ジワやシミをブロックします。

30代を過ぎたらそろそろエイジングケアにも力を入れたい時期なので、保湿成分がたっぷり入っていて外部からの刺激もカットして肌を守ってくれる「SK-II フェイシャルトリートメントエッセンス」は毎日のスキンケアにぴったりです。

角質層までしっかり有効成分が届いて細胞を活性化させたり、弾力が失われている部分を補修したり、紫外線や乾燥からお肌を守り、いつまでも若々しい見た目をキープできます。

口コミでも話題になっていて、特に30代の使用者が多いのが特徴です。スキンケアの第一歩は化粧水選びから始まるので、世界的に認められている「SK-II フェイシャルトリートメントエッセンス」で上質なケアをしましょう。

ロート製薬の極潤αは30代のハリ肌を作る

30代におすすめで、続けやすく効果も実感しやすい化粧水は「ロート製薬の肌ラボ極潤α」です。赤いボトルが印象的な、とても人気のあるシリーズの化粧水です。

コラーゲンはハリ感を生み出すエイジングケア成分として有名ですが、エラスチンを同時に使うことで相乗効果が得られるということです。極潤αはその点に着目して作られていますので、他のエイジングケア化粧水よりも効果を実感しやすいようです。

この化粧水のウリは「ハリ肌ネット」です。肌ラボシリーズが得意とする3Dヒアルロン酸や、低分子化されたエラスチンとコラーゲンの組み合わせがものすごく強力に肌に活力を与えてくれます。使い続けるうちに、肌がいい意味で硬くなるような感触を味わえると思います。「硬くなる」というのは、ハリ感がアップした証拠です。

早い人では翌日のお肌に変化を感じるはずです。高保湿ですごく潤うので乳液は不要に感じるかもしれませんが、乳液もつけましょう。潤いが持続するので、つけてから時間が経過してもつっぱりません。さらに、敏感肌になりがちな30代のお肌に優しい処方なので、肌が弱い人でも積極的にエイジングケアができます。

化粧水は透明な乳白色で伸びがとても良く、浸透も早くてベタつかないのが特徴です。何と言っても値段がお財布に優しい価格でリピーターも多く、たいていのドラッグストアなどで購入できますのでおすすめです。

30代化粧水は幹細胞を見極めよう

30代になるとお肌の悩みは様々。スキンケア用品選びが大事になってきます。数え切れないほどのたくさんの商品が並ぶ中でどのようなものを選ぶか悩みどころです。

そこで注目したいのは幹細胞コスメ。このエトヴォスバイタライジングローションは希少なアルガンツリーの芽から抽出培養した「アルガン幹細胞エキス」を配合したエイジングケアローションです。アルガン幹細胞エキスは真皮幹細胞エキスの働きを活性化してくれます。

真皮層には私たちのお肌の潤いに欠かせないコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンなどが含まれており、それらを作り出しているのが線維芽細胞です。つまりこのアルガン幹細胞エキスは、真皮幹細胞に働くイコール繊維芽細胞に働きかけるということなのです。

繊維芽細胞が活性化されるとコラーゲンを代謝し、新たなコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを作り出しハリのあるふっくらとしたお肌を実現することができます。また、エトヴォスバイタライジングローションには「ヒト型セラミド」が配合されています。

セラミドは角層の細胞間のすき間を満たしている細胞間脂質の主成分で、水分保持機能があり角層から水分が蒸散するのを防いでくれます。よってみずみずしいお肌を保つことができるのです。年齢とともにお肌の代謝は下がっていきます。エイジングケアは早いにこしたことはありません。エトヴォスバイタライジングローションで年齢に負けない肌を目指しましょう。

30代のための化粧水をお試し

30代のための化粧水を探している時に、買う前に自分に合うかどうかを気にする人が多いのではないでしょうか。というのも、買った後に使い始めて肌質に合わなければ、使わずに処分してしまうことにつながるからです。買う前に合うかどうかを確認しておくことができれば、買い物の失敗を防ぐことができるようにもなります。

きちんとした方法で購入するためにも、買ってみる前に事前に実際に使ってみると良いです。お試しすることができる場合には、30代のための化粧水のサンプルを手に入れてみると良いです。というのは、サンプル品があれば、大きなサイズを購入する前に自宅で使ってみることができるからなのです。

サンプル品は小さなサイズで作られていることが多いため、数回以内の使用で全てを使い切ることができるようになっています。それに、実際に肌につけてみることで、自分の肌質に合っているかどうかを確認することが可能になります。

特に、肌質にあまり自信がない人や肌荒れをしやすいという人は、買い物をする前に一度お試しをしてみると良いです。購入前にはお試しのためのサンプル品があるかどうかを、店員に確認してみることができます。気に入れば、買ってみることが可能です。