40代なら始めたいエイジングケア!オススメ化粧水やスキンケアまとめ

いやでも自分の老化現象を実感せざるを得ない年齢というのが40代です。肌には自信があったという人でも、目に見える老化現象が現れてくる年代です。

スキンケア商品は安いもの、セールをしているもの、何でもよいからと適当に商品を選んでいた人も、40代に入ると今まで使用していたスキンケア商品の見直しをしなければ、どんどん老化現象は進んでしまいます。

特に大切なのが化粧水で、肌に水分を与えるという基本的なアイテムをエイジングケア用のものに変える時期が40代なのです。今まで深く考えなかった人も、化粧水の成分に注目して選ぶことでいつまでも美しい肌をキープすることができるのです。選び方が分からない人にも分かりやすくエイジングケア情報を紹介します。

40代の化粧水

人間は年齢を重ねると体に様々な変化が起こりますが、見た目的にも変化が大きくわかるのが肌です。肌は適度な水分量を保持し、それがバリア機能となって様々な外部刺激から保護する役目を担っています。加齢によってこの水分量は低下し、肌の生まれ変わり、新陳代謝率も低下してしまいます。

特に40代に入ると肌にはシミやシワなどの老化現象が起きやすい状態になります。ですから、それまでと同じ化粧水では不足分を補いきれないようになるのです。40だいに適した化粧水といえば保湿力が高いものです。肌はコラーゲンやセラミドが必要ですが、その成分が不足してくることで若々しい弾力に富んだ肌ではなくなってしまうものなのです。

それらの成分がしっかりと配合されている保湿力、そして浸透力の高い化粧水を使用することで、肌の奥底まで成分がしっかりと行き届き肌の細胞が活性化されていくことになります。

日々の肌ケアがとても重要になってくる年代なので、毎日使用する化粧水はその年代に適したものが必要なのです。そして、肌バリア機能が弱っている状態には添加物が刺激を与えてしまうことも多いので、できるだけ添加物の少ないもの、できれば無添加のものがおすすめです。

40代になると水分も皮脂も減少している

年齢が上がっていくにつれて、メイクのノリが悪くなったと感じている女性も多いのではないでしょうか。しっかりとメイクをしたはずなのに、すぐに崩れてしまうので何度もメイク直しをしなければいけないという人もいます。特に汗をかきやすい夏場などは、はっきりとメイクのノリの悪さを実感してしまいます。

メイクのノリが良いかどうかは、実は肌の水分と皮脂のバランスで決まります。水分量が少なく乾燥している肌だと、ファンデーションが粉っぽくなりメイクが浮いてしまいがちです。皮脂の方が多い場合には、皮脂とメイクに含まれる油分が混ざり合うのでメイクが崩れやすくなります。

肌の水分量は、年齢を重ねていくにつれて自然に減少していきます。また、皮脂の分泌も30代頃から徐々に減り始め、40代になると急激に減少してしまうと言われています。水分量や皮脂量は個人差も大きいので、化粧水を選ぶ時には自分の肌の状態に合ったものを選ぶことが重要です。

水分量も皮脂量も少ないのに、水分だけを肌に与える保湿ではあまり効果的ではありません。皮脂と水分量のバランスを取ることを目的としたアイテムがおすすめです。皮脂の分泌量が多い人の場合には、皮脂の分泌を抑えてくれる作用のある化粧水を選ぶとバランスが良くなります。

美容液などのスペシャルケアで悩みを解消

40代のエイジングケアの基本は化粧水などによる保湿ケアですが、保湿に加えてお悩み別のスペシャルケアを取り入れることでさらに若々しい理想の美肌に導くことが出来ます。年齢肌の大敵は肌の乾燥ですので、まずは保湿ケアで肌の土台づくりをしていきましょう。乾燥が改善されると角質のバリア機能がアップします。

角質のバリア機能がアップするとターンオーバーか促進されて肌細胞の再生がスムーズになり、水分と油分のバランスが良い健やかな肌環境に導くことが出来ます。その状態にスペシャルケアを加えることで、効果的かつ効率的に肌の悩みにアプローチすることが出来ますので積極的にスキンケアに取り入れましょう。

たるみによるほうれい線や口元のもたつきやフェイスラインのゆるみなどの悩みがある場合は、リフトアップ効果が期待できるクリームやオイルでマッサージをするのがおすすめです。目元の小じわに悩まされている人は、アイクリームを使用して目元の潤いやハリや弾力やツヤをアップさせましょう

。透明感の無さやくすみやシミなどの悩みがある場合は、抗酸化作用があるビタミンC誘導体や漂白作用があるハイドロキノンなどの美白成分が配合されている化粧品を取り入れるのがおすすめです。

40代の肌にとって大事なもの

人間は生き物ですから、どうしても歳を取るということを避けて通るわけにはいきません。特に女性ならほとんどの方が気にする肌のハリについても、20代の頃はほとんど何もせずともみずみずしい状態だったりしますが、40代にもなると良い状態を維持するためのメンテナンスが欠かせなくなってしまいます。

そして、メンテナンス方法は何でも良いというわけではありません。例えば化粧水を使うにあたっても、どんな成分がどれくらい入っている化粧水を使うかによってかなり肌の状態は変わってきてしまいます。では、特に40代の方にとって天敵とも言える乾燥や小じわにはどういった成分が良いのでしょうか。

乾燥や小じわに良いとされる成分には様々なものがあります。しかしその中でも特に有名で、かつ重要なのがヒアルロン酸やコラーゲンです。では、これらはどんな効果を肌にもたらすのでしょうか。

これらヒアルロン酸やコラーゲンは細胞間によく存在しているもので、保水力が高いので細胞をクッションのような役割で守っています。これが少なくなってしまうと皮膚の水分量が減り乾燥してきますし、空いた隙間が小じわになったりしてしまうわけです。

またこれらの成分が減ってくると毛細血管の血流が悪くなると言われており、栄養と酸素が肌のすみずみまで届かなくなります。これはかなりの悪影響に繋がるでしょう。ですので、40代の化粧水にはヒアルロン酸とコラーゲンがかなり重要となってくるのです。

40代向けのエイジングケア化粧水

40代に入ると今までに感じたことのない肌の乾燥や荒れ、くすみ、吹き出物、小じわなどの老化現象が現れて、急いで美容情報を集める女性も多いのです。

年齢ともに体内の衰えはどうしても出てきてしまいますし、肌や髪といった外見の老化現象も現れてしまいます。しかし40代でしっかりエイジングケアを始めると老化現象を遅らせることができますし、美しい肌や髪をキープすることができるのです。

肌はまず、エイジングケア用の化粧水に変えることからです。素肌にまず付けるのが化粧水で、肌への浸透も良いものです。エイジングケア効果のある成分が配合されている化粧品を選んで丁寧にケアすることで美しい肌になることができます。老化を進めてしまうのが乾燥です。乾燥対策をしっかりすることは基本です。

効果的に肌を潤わせる成分がセラミドです。セラミドはもともと肌にある成分で、肌細胞と肌細胞の間にある細胞間脂質という中に存在します。水分を取り込み、保持し、蒸発しないようにする役目があるのです。セラミド入りの化粧水を毎日使用することで、しっかりと保湿することができるのです。

乾燥した肌の状態では小じわが発生し、そのうち消えることのない深いしわとなってしまうので、早めにエイジングスキンケアを始めることが大切です。

たるみや皺にはレチノール

私たちの肌は加齢にともなって様々な老化現象と向き合わなければならなくなります。40代の肌の悩みで特に多いのは、急に増えた肌のシミや皺に関することや、肌のくすみやたるみによって実年齢より老けて見えてしまうことなどが挙げられます。美意識の高い人は、普段の生活から食生活に気をつけたり、エイジングケアに力を入れていたりしていることでしょう。

老化現象は止めることはできませんが、私たちの努力によって、肌の状態を改善させたり、その進行を遅らせることは十分に可能なのです。

エイジングケアとして最も有効なことのひとつに、毎日使う基礎化粧品の見直しを行うことが挙げられます。エイジングケアに不可欠な有効成分を調べることは重要です。また化粧品を選ぶ際は、刺激物入っていないもので、できればオーガニックの肌に負担がかからないものがおすすめです。

40代の肌の悩みの常に上位に位置するたるみや皺対策ですが、レチノールという成分が有効であることはご存知ですか。レチノールというのはビタミンAの正式名称で、40代おすすめの化粧品の多くは、このレチノール配合のものです。レチノールにはコラーゲンなどのタンパク質生成を促進する働きがあり、皮膚のターンオーバーを早める効果があると言われています。

40代からの化粧水えらび

肌の老化を食い止めようと、化粧水で保湿をしっかりしていてもたるみやしわは改善しないことが多いのです。保湿は乾燥肌や小じわの改善に効果がありますが、たるみやしわには保湿するというエイジングケアだけでは足りません。保湿に加えて、美容成分であるコラーゲンが配合された化粧水が効果的です。

コラーゲンももともと体内にある成分で、肌では真皮に存在し、肌のハリやツヤの為に働く重要な成分です。しかし年齢とともに自然に減っていくものです。しっかり保湿していても肌の中のコラーゲンが減っていき、肌のハリが失われてしまうと肌が重力で下方に下がってしまいます。これらがしわやたるみとなってしまうのです。

肌が潤っていたとしてもしわやたるみがあると一気に老けた印象の顔になりますので、早めにスキンケアで改善、予防することが大切です。スキンケアでコラーゲンを補うことにより、たるみやしわのない若々しい元気な美肌を維持することができます。

しわやたるみに悩んでいる人は、肌に浸透しやすい化粧水にコラーゲン入りのものが最適です。食べ物からコラーゲンを取り入れることも有効ですが、スキンケア商品でも取り入れることでさらに美容効果が高まります。

美白効果抜群のアルブチン

私たちの肌は加齢とともに衰えてきます。それは老化現象なのである程度は仕方の無いことです。40代に入って、急にシミや皺が目立ってきたり、肌のくすみやたるみが気になっている人も多いかと思います。

美意識の高い人は、早いうちからエイジングケアに力を入れていたり、食事に気をつけたりして、美と健康を常に意識して生活していることでしょう。老化現象を止めることはできませんが、私たちの努力により、肌の状態を改善したり、その進行を遅らせることは字充分に可能なのです。

40代の肌の悩みのトップとも言えるのが、顔にできてしまったシミです。シミは、私たちが長年浴びてきた紫外線のメラニン色素の蓄積されたものが、表面化してくることによっておこります。一度できてしまったシミは化粧品などで薄くすることはできても、無くすことは難しいです。

このシミ対策として、話題の有効成分がアルブチンです。アルブチンはその美白効果の高さで多くの化粧品に使用されている成分です。シミの元になるメラニン生成を抑える働きがあることが分かっています。シミの予防対策として大変有効なため、若いころからの使用がより効果的です。また、アルブチンはビタミンCとあわせて使うことでその相乗効果が期待できます。

ビタミンC誘導体の効果

女性も40代ともなると、加齢による肌の衰えをいろいろと感じている人も多いかと思います。なかでもシミが目立つようになってきたという悩みは常に上位に位置します。肌は私たちの年齢がもっとも出やすいところです。透き通った肌の持ち主はそれだけで、実年齢よりも若く健康的に見えます。40代の女性に大切になってくるのは日頃からのエイジングケアです。

エイジングケアを始めるにあたって、まず見直して欲しいのは毎日使う基礎化粧品です。特に美白を目指している人におすすめするのが、ビタミンC誘導体の成分の入った化粧水です。

シミの元になるのが肌に蓄積されたメラニン色素ですが、ビタミンC誘導体にはそのメラニンの生成を抑制する働きがあります。それだけではなく、メラニン還元作用もあるので、一度出来てしまったシミを目立たなくしてくれる効果も期待できます。

もうひとつ嬉しいのは、ビタミンC誘導体にはコラーゲン生成をサポートしてくれる働きもあるということです。私たちの肌は、コラーゲンの減少によって、加齢とともにハリ、弾力を失ってしまいます。シミを抑制し、コラーゲン生成をサポートしてくれるビタミンC誘導体配合の化粧水は、まさに40代からの肌の救世主とも言えます。

40代の化粧水はたっぷり保湿を

40代になると肌も敏感になり更年期から肌トラブルも起こりやすくなります。ミストタイプの化粧水はたっぷり使うことができて、肌にも潤いを与えながら素早く手軽につけやすいのが特徴です。ホルモンバランスの乱れから肌が敏感になる人も多いので、刺激の少ないタイプの化粧水がおすすめです。

お風呂上りにつけるモイスチャーミストローションは刺激が少なく、片手で手軽に吹きかけることができるので肌に水分を保ったまま潤いを与えることができます。肌への浸透力も大事です。つけた時はさっぱりしていますが、つけた後はしっとりとして保湿力も高いです。40代の化粧水選びは、保湿と手軽さに加えて経済的にもたっぷり続けやすいものです。

40代に人気の化粧水はお手頃な値段で買いやすいのでたっぷり使い続けることができます。化粧水は多めにたっぷり肌に入れることが大事です。毎日使うものなので、ミストで手軽につけるタイプがおすすめです。刺激が少ないので、乾燥肌の人やアトピーの人にも向いています。

更年期になると匂いにも敏感になるので無香料タイプの基礎化粧品は使いやすさもあります。肌が赤くなりやすい人や刺激が少ないタイプを使いたい人にも良いです。

40代にお勧めの化粧水は

40代になると、しわやたるみなど悩みが出てきてしまいます。何とか美肌になりたくて良い化粧水を探している人もいるかもしれません。肌にとっての大敵は摩擦です。肌を何度も擦る事によって肌に摩擦がかかります。そうすると肌を守ってくれているバリア機能まで破壊されてしまいます。化粧水や美容液など何種類も使っているという人もいるでしょう。

しかし何度も肌を擦る事によって、肌を傷めてしまっている事もあるので注意が必要です。この様な摩擦を防ぐ為に1回のケアで済むように作られたのが、メディプラスゲルという商品です。これはオールインワンゲルなので、化粧水や美容液などいくつも肌につけなくても、1回のケアで全てを行う事が出来ます。

これはスクワランやアボカド油が硬くなった肌をほぐしてくれます。そしてコラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分や温泉水が毛穴の奥まで浸透していきます。美容成分は全部で66種類も配合されています。添加物は敏感肌の人には、刺激になってしまう事があります。

メディプラスゲルはアルコールや石油系界面活性剤などを使用していませんので、肌の弱い人でも使用する事が出来ます。また国内で作られいますので安心です。

40代からはエイジングケア化粧水

敏感肌と乾燥肌の専門ブランドディセンシアのアヤナスローションコンセントレートはエイジングケアができる化粧水です。40代の女性に多い肌の悩みはほうれい線や目元の小じわですが、アヤナスローションコンセントレートは敏感肌をケアしながら小じわやたるみ、ほうれい線のない若々しい肌に導いてくれます。

アヤナスローションコンセントレートには、普通のセラミドの20分の1の大きさのセラミドナノスフィアが配合されており、4倍の浸透力で肌の奥深くまで浸透し、CVアルギネートがコラーゲンを生成する線維芽細胞を活性化してハリのある弾力肌に導きます。加齢による悩みのほかに、注目されているのがストレスによる肌の衰えです。

家事や育児、仕事などでストレスを感じているときに、肌が荒れる経験をした人は多いようです。肌が荒れるのはストレスが自律神経を乱して皮膚の温度が下がったり、バリア機能が低下して外的刺激に弱くなるのが原因といわれていますが、アヤナスローションコンセントレートはそんなストレス肌にも効果的を発揮する化粧水です。

とろみのあるテクスチャーの化粧水が肌に素早く馴染み、40代の気になる肌の悩みや乾燥肌に対応してくれます。アルコールや香料が使われていないので敏感肌の人でも使いやすい化粧水です。

低刺激で高保湿

ヒフミドのエッセンスローションは、低刺激ながら高保湿が可能な化粧水です。40代の乾燥肌や敏感肌に最適で、しっかりとエイジングケアを行うことができます。

ヒフミドのエッセンスローションには、保水力が非常に高い「ヒト型セラミド」が配合されています。セラミドといえば保湿成分として知られていますが、ヒト型セラミドは通常のセラミドの3倍の保水力を持っています。元々、人の肌にある成分と同じ構造をしているので、自然に肌に馴染んでくれます。そして水分を挟み込んで潤いを保ちます。

しかも、配合されているヒト型セラミドは1種類だけではありません。3種類が配合されており、トリプルアプローチで肌本来の潤いをサポートしてくれます。Ⅰ型は水分保持機能や刺激に対抗するバリア機能を持っているので、滑らかで柔軟性のある肌を保ちます。Ⅱ型はセラミドの中でも優れた保湿効果があり、肌のバリア機能をサポートします。

Ⅲ型は加齢によって減少するセラミドなので、補うことで若々しい肌を取り戻すことができます。ヒフミドのエッセンスローションは不足しているセラミドを補うケアで角層の奥にまで浸透して保水力を発揮し、健やかなハリや弾力のある肌へと導きます。

コクしっとりが合言葉

ちふれのコクしっとりタイプは、ヒアルロン酸などの7つの保湿成分を配合した化粧水です。乾燥が気になる時に使うと威力を発揮します。乳液と会わせて使うと、乾燥知らずの肌になるでしょう。

ほかのちふれの化粧水とくらべてとろみがあります。すぐに蒸発する事も無く、肌へ浸透していきます。つけ心地はさっぱりしていますが、伸びがいいので、あまりにつけすぎるとちょっとベタつくかもしれません。たくさん染み込ませたい時には、コットンやフェイスマスクを使ってパックした方が良いでしょう。

ノンアルコール、無着色なので肌に優しい化粧水です。敏感肌の方も安心してお使いいただけます。無香料なので香りが苦手な方にもぴったりです。本体価格800円、詰め替え用が700円(ともに税抜き価格)というプチプラも嬉しいところです。コストパフォーマンスがいいので量を気にせず毎日たっぷり使えます。

残念ながら生産終了品のため、ちふれの在庫がなくなり次第、販売終了となってしまいます。ドラッグストアよりも大手商業施設の方が取り扱いが多いので、早めの購入をお勧めします。

使い続けていると肌がしっとりやわらかくなります。乾燥しがちな40代の肌に、長く使える化粧水はいかがでしょうか。

40代に合った化粧水を選びましょう

歳を重ねるごとに肌のタイプや悩み、トラブルも変わってきます。特に40代になると目元や口元の深い線が気になり出したり、頬のハリも無くなってくる時ではないでしょうか。化粧水による刺激を避ける為にも、肌に優しいケアを望まれる方も多いと思います。

若い頃は肌の生まれ変わりも28日周期だったものが40代になると40日以上かかるようになり、肌へのダメージも受けやすくなります。ホルモンの低下も関係しており、商品によっては今までの化粧水では効果が得られない可能性もあります。まず、40代に必要なのは肌が必要としている成分や栄養を補給してあげる事が大切です。

化粧水を選ぶには自分の肌質を再確認し、美白や保湿、アンチエイジングなどの目的を明白にしてから選ぶと良いでしょう。評価の良い化粧水はたくさんありますが、自分の肌に合うのかどうかは使ってみないと分かりません。大切な肌につけるものなので相性の良い化粧水を見つけましょう。

本製品をそのまま購入する前にトライアルセットで試してみることが、自分の肌に合う化粧品を見つける一番の近道になります。トライアルセットでは数日分しか試せませんが、伸びの良さや香り、つけ心地具合は分かると思います。