8時間ダイエットの16時間断食中に脂肪燃焼させる効果的な方法

ダイエットをするためには体を動かすという事以上に食事に気をつけることが必要となります。近年では、糖質制限や断食などの方法が注目を集めていますが、いずれの方法も好きなものを食べることが出来ない、我慢しなければならないということにストレスを感じ、途中で諦めてしまうという人も多いようです。

そこで、そのような人におすすめなのが、8時間ダイエットと呼ばれる方法です。1日24時間のうち、8時間内に食事を終わらせ、16時間断食を行うという方法です。16時間というと長く感じられるかもしれませんが、睡眠時間を考慮すると1食を抜くくらいの感覚です。生活スタイルに応じて時間を調整することが出来るので、続けやすいのでは無いでしょうか。

16時間断食のポイント

ダイエットの中には断食を行うという方法もあります。断食を行うということは食事を摂らないということなのでカロリーが入ってこなくなり、痩せられるというシンプルな理屈が成り立ちます。しかし、何も食べないということはやはり並大抵のことではありません。そこで1日ではなく何時間という単位での断食を行う方法もあります。

例えば平日から休日にかけて夜から翌日の昼までであれば、頑張れば我慢できるかもしれません。平日の19時ごろに晩御飯を食べて翌日の11時まで何も食べないとすると16時間断食が成立します。体感的にはそれほど長い間何も食べていないという感覚は少ないので比較的行いやすいとも言えます。しかし、夏場は塩分不足に陥ってしまう恐れがあるのでその点には注意が必要です。

16時間断食を行うと体内で消化に使用する酵素を節約することになります。体は消化ではなく、代謝の酵素を増やすことが出来るので体調が良くなる可能性もあります。ただ、水分が不足してしまわないように水をよく飲んでおく必要があります。

水を飲んでいると水太りやむくみなどに繋がってしまうのではないかと考えられがちですが、断食中は塩分を摂らないのでそういったリスクは低くなっています。

こんな悩みがあるなら8時間ダイエット!

8時間ダイエットがおすすめなのは、生活リズムが乱れがちな方です。このダイエット方法では、8時間内に食事を全て済ませ、残りは16時間断食という方法になります。夜食を食べることもありません。そのため、「朝早く起きて8時間以内に食事を済ませてしまわなければならない」というリズムになった結果、自然と早寝早起きが身に付き、規則正しい生活を送りやすくなるのです。

それから、「ダイエット中に常に空腹感に悩まされている」という方にもおすすめです。空腹感を感じるからと、ダラダラと食べていると、胃が荒れて空腹感が増してしまうことが分かってしまいます。その点、16時間断食によりメリハリのある食生活を送れば、空腹感を感じにくくなってダイエットのストレスが軽減されるのです。

さらに、便秘に悩まされる方にとっても16時間断食は大変メリットが大きい方法として知られています。16時間断食では、消化にエネルギーを使い過ぎないため、排出に力が使われます。その結果、腸の働きが良くなり、便秘が改善されやすくなるのです。

これまで様々なダイエット方法にチャレンジしてみたものの、思うような結果が出なかったという方もいらっしゃるでしょう。そのような方でも、ストレスが少なく健康的にスリムを目指せる8時間ダイエットは、これまでにはない感覚で楽しめる可能性が高い方法であると言えます。

16時間の断食で脂肪を燃焼させる状態になる

体内の脂肪を燃焼させようと思ってもなかなか難しいものです。その理由の一つとして人間の活動のエネルギー源は基本的に直前の食事であることが挙げられます。食事は消化されて糖分になり、血液中に流れ、この糖分を人間はエネルギーとして使用しますが、使用しきれない糖分があると、それが脂肪として肝臓や筋肉に蓄えられていきます。

普段の生活のリズムや食事量が、使用しきれないほどの糖分を摂取して脂肪を貯めるものになっていれば脂肪は貯まる一方です。どうすれば体内の脂肪を燃焼させることが出来るかというと、逆に、脂肪を使わないといけない血液中の糖分がない状態を保つことです。

1回当たりの食事量を減らしたり、食事の間隔を空けて糖分を使い切った状態になれば、必然的にそれまでに蓄えられた脂肪がエネルギーとして使用されて燃焼されることになります。8時間ダイエットを行うと、このような脂肪を燃焼する状態を意識的に毎日作り出すことができます。

8時間ですべての食事を行うために残りの3分の2の16時間の断食中は、すべての活動のエネルギーには蓄えられた脂肪が使用されることになります。このことが効果的に脂肪を燃焼させることを可能にします。

16時間断食で得られる効果

16時間断食では一日24時間のうち16時間は食事をしないようにします。従って一日24時間うち8時間の間で食事を済ませる形になります。食事をする時間を制限する事で消化器官が常に働いている状況を作らずに済むので、食事を断続的にとっている時と比べて消化器官の負担を減らせます。

消化器官が食べ物を消化している時間が短くなるので、消化に使うエネルギーが少なくなります。その分だけ代謝に使われるエネルギーが増えるので、基礎代謝が高まって太りにくい体を手に入れられます。必要以上にエネルギーを使わない事で疲れがとれやすい体にもなります。

食事の時間を制限する事でそれまで無意識に食べていた無駄な食事を削減できるので、摂取するカロリーの減少によるダイエット効果もあります。一日16時間の断食は一日や二日だけでなく、ある程度の期間継続して行うとより高い効果が期待できます。

16時間断食を行っている最中で食事をとれる8時間以外の時でも水分をとるのは問題ないので、飲み物は我慢せずにしっかり摂取するべきです。また断食が終了した後に食事量が異常に増えてしまうので、終了後に適度な食事量をキープする事が断食の効果を得る為に大切です。

16時間断食をしやすい人の特徴

16時間断食と聞くとハードルが高そうと躊躇するかもしれませんが、朝食を食べない人なら簡単にクリアできる方法です。朝は忙しいという理由で朝食を抜いている人は意外と多く、一日の食事は昼食と夕食だけになります。夕食を17時に食べて、次の食事は翌日の12時とすれば17時間の断食となります。

朝食を食べない人は太ると言われていますが、正しい方法で欠食をすれば問題ありません。確かに食事回数が減ってしまうとカロリーの吸収率が向上して太りやすい体質になりますが、一日二食にするダイエットにはメリットもたくさんあります。胃腸を16時間以上休息させることで、代謝やデトックスを促進できることです。

16時間断食で注意したいポイントは、昼食と夕食を食べすぎないことです。朝食を食べない反動からカロリー摂取が逆に増えてしまえば、結果的に肥満になりかねません。特に就寝前にたくさん食べるのは胃腸の負担となるので、夕食は低カロリー食材をメインにするなど工夫してください。

野菜や豆腐・魚類は多めに食べても太りにくいので、これらの食材でお腹を満たすのがおすすめです。ごはんは炭水化物がメインで、思いのほか太りやすいので食べすぎには注意してください。

16時間の断食中に飲んで良いもの

ダイエットを成功させるためには16時間の断食中に余計なものを口にしないことがもっとも重要であり、基本的には水以外煮物は摂取しないように心がけることが大切です。しかし水だけだと飽きてしまい精神的に苦しくなってしまうことが想定されるわけですが、水以外のコーヒーなどの飲み物は16時間断食ダイエット中でも飲んでも大丈夫なのでしょうか。

結論から言いますと、ブラックコーヒーやノンカフェインコーヒーなどを2杯から3杯程度飲むのであれば特に問題はありません。一方で砂糖やミルクが入ったコーヒーやペットボトルの清涼飲料水などはカロリーやタンパク質が多く含まれているので16時間断食ダイエット中は飲んではいけません。

また糖質やアルコール度数がゼロと表記されているノンアルコールビールなどについてもカロリーがやや多めに含まれているため断食中に飲むのはタブーとされています。

ブラックコーヒーやノンカフェインコーヒー以外の飲み物で言いますと、ルイボスティーやコーン茶などのカフェインが含まれていないお茶であれば問題ありませんし、これらの飲み物は高いリラックス効果が期待できるだけでなく体内の老廃物を排出する効果も期待できるため、むしろ積極的に飲んでも良い飲み物となっています。

水分は摂ってもよいの?

16時間断食の途中でも水は飲んでもかまいません。ただし、糖分が入っている飲料やアルコールは飲んではいけません。糖分ゼロの発泡酒などもありますが、たんぱく質やエネルギーを含む場合は飲まないほうがよいです。砂糖が入っていないブラックコーヒーならば飲んでもかまいませんが、夜に飲むと眠れなくなるので注意をしましょう。

ルイボスティーや無糖のノンカフェインコーヒーならば飲んでもかまいません。ルイボスティーには安眠効果、腸内環境を整える効果などがあるのでおすすめです。16時間断食の方法は人によってさまざまです。寝る前の時間以外ならば無糖のコーヒーを飲むのもかまいません。

ただし、カフェインの効果は6時間程度は持続しますので、17時を過ぎたら飲まないようにするのがよいでしょう。カフェインにはリラックス効果などもあるので、睡眠を害しない時間に飲むのならばおすすめです。16時間は水分しか飲むことができないので、お腹が減ります。

どうしてもお腹が減るという人は炭酸水を飲むことがおすすめです。炭酸水はお腹の中で炭酸が膨らんで満腹感を得られます。豆乳にはたんぱく質やカロリーが含まれていますが、低カロリーかつ脂肪の吸収を抑える効果もあるのでお腹が減って我慢ができないときなどに飲むとよいでしょう。

おすすめの飲み物は

16時間断食ダイエットでは断食中の時間帯には水分しか摂ることができないため、水以外の味のある飲み物を飲んでリラックスすることが成功のための大切なポイントとなります。基本的には高カロリーのジュースやお酒などはタブーなのですが、水以外ではどのような飲み物を飲むのが良しとされているのでしょうか。

16時間の断食中にはカロリーがほとんどが含まれていない飲み物であれば基本的に飲んでも大丈夫ですし、リラックス効果があるものやデトックス効果がある飲み物であれば水よりも積極的に飲むことをおすすめできます。

具体的にはルイボスティーやローズヒップティーや緑茶などのお茶類を飲むことをおすすめします。これらのお茶には全てデトックス効果がありますし、ルイボスティーには腸内環境改善効果や代謝を高める効果が、ローズヒップティーには疲労回復や美肌効果が、緑茶には抗酸化作用や血糖値の上昇を抑える効果があるため積極的に飲むことで美容と健康のケアを同時に行うことができるのです。

また適量であればコーヒーや紅茶などのカフェインが含まれている飲み物を飲んでも大丈夫とされていますし、カフェイン入りの飲み物とノンカフェインの飲み物をうまく組み合わせて飲むことで無理なく断食ダイエットを成功させることができるでしょう。

摂取する水分の内容に気を付けて!

16時間断食の最中には、代謝を高めるために、しっかりと水分摂取をしていくことが大切です。ですが、この水分摂取の方法を間違えてしまうと、せっかくの断食の効果が実感しにくくなるばかりでなく、逆効果となる恐れもあるので要注意です。

特に注意したい飲み物と言えば、アルコールや砂糖入りのものですね。普段から毎日のようにアルコールを摂取しているという方も、16時間断食の最中は禁酒しましょう。また、ジュースなどの飲み物は砂糖がたっぷり含まれていますので、ダイエット中には控えるべきです。

16時間断食の最中は空腹状態になるため、アルコールや砂糖を摂取すると、より吸収が良くなってしまう恐れがあります。空腹状態でアルコールを摂取するのは体調を悪化させかねませんし、砂糖がたっぷり吸収されるのは困りますよね。また、カフェインなども体に負担をかけるため、控えるべきです。

これらの理由から、16時間断食の最中に摂取する水分は、水やお茶などが理想的です。これらのアルコールや砂糖を含まない飲み物を、一気に飲むのではなく、少しずつこまめに摂取することで水分補給をしていきましょう。こうして水分をこまめに摂取することで、16時間断食中の空腹感を紛らわせるのにも役立てることができます。

仕事などが忙しい人の対応法

16時間断食ダイエットは短期間で高い効果が期待できるダイエット方法であるため、多くの人におすすめのダイエット方法なのですが、仕事や人付き合いなどで忙しい人の場合は決められた時間帯に食事を摂ることが難しく、実践したくても16時間断食ダイエットが実践できないというジレンマを感じてしまうことでしょう。

決められた時間帯に食事をするのが難しい人の場合はどのように対応すればよいのでしょうか。忙しくて食事時間の調整が難しいという場合には、いきなり16時間断食ダイエットに挑戦するのではなく、10時間断食ダイエットなどの簡易版のダイエットに挑戦するのがおすすめです。

10時間断食ダイエットのやり方については基本的に16時間断食ダイエットと同じで、異なるのは断食時間と食事をする時間だけとなります。断食時間に6時間のゆとりをもたせることで忙しい人でも断食がしやすくなりますし、夜の付き合いで外食をすることが多い人でも無理なくダイエットを行うことができます。

但し、あまり夜遅い時間に食事を摂るとダイエットの効果が薄れてしまうので、出来る限り20時までには食事を完了させるように気をつけることがダイエット成功へのポイントとなります。

有酸素運動で脂肪を燃焼させる

16時間断食には運動も欠かせません。軽い有酸素運動を取り入れて脂肪を燃焼させてダイエット効果をアップさせましょう。

有酸素運動は酸素を体内に取り込みながら長時間体を動かし続けることで脂肪を燃焼させることが出来るという運動なので、ウォーキングや軽めのジョギングなどがおすすめです。運動開始から20分程度経過すると脂肪が燃焼し始めますので、少なくとも30分は運動を継続させるようにしましょう。

激しく体を動かし過ぎてしまうと無酸素運動になってしまいますので気を付けなければなりません。有酸素運動の脂肪燃焼効果をアップさせるためにアミノ酸を摂取するのもおすすめです。運動をする30分前くらいにアミノ酸を摂取しておくと、脂肪を効率的に燃焼させることが出来ます。運動をする前と運動をした後は、しっかりとストレッチをしましょう。

ストレッチをすることで怪我を防いだり筋肉痛を軽減させたりすることが出来ますし、運動効果のアップにもつながります。自分の足にぴったり合ったスニーカーや体を動かしやすい服装を選ぶということも大切です。

有酸素運動は自宅でも気軽に行うことが出来ます。その場で足踏みをしたり踏み台昇降運動をしたりするだけでも立派な有酸素運動になります。積極的に行ってダイエット効果をアップさせましょう。

ビーマルワンを知ろう!

16時間断食ダイエットをするにあたり、知っておきたいのが「ビーマルワン」です。ビーマルワンというのは、タンパク質の一緒で、体内の活動リズムを正常に機能させるために調整する働きを持っています。

ですが、このビーマルワンには「脂肪を蓄積させる作用」があるため、これを知ってうまく食事をコントロールすれば、ダイエットが成功しやすくなるのです。このタンパク質は、昼間には少なく、夜には多くなる性質を持っています。そのため、夜にたくさん食べると太りやすいと言われているのですね。

夜間のビーマルワンによる脂肪蓄積を防ぐためには、夜、22時以降は食べ物を口にしないことが大切です。16時間断食の際には、ついお腹が減ってしまい、深夜にも食べ物に手が伸びそうになってしまうかもしれません。ですが、これはせっかくのダイエットを台無しにしてしまう恐れがあるので要注意です。

また、ビーマルワンは朝日を浴びると減少することが分かっています。つまり、朝早起きして朝日をしっかり浴び、夜間は食事を控えるというリズムを取り入れれば、ダイエットも成功しやすくなるのです。16時間断食を行う際にも、早起きをして朝日を浴びることや、夜間は特に食事を控えることを心がければ、より効率的にスリムを目指せるというわけですね。

16時間断食のダイエット効果を高めるために

16時間断食はそれだけでもダイエット効果を期待することが出来ますが、他のダイエット方法と組み合わせることにより、より高い効果を期待することが出来ます。一般的に行われている16時間断食では、食事制限などはなく何を食べても良いという事になっていますが、当然のことながら食べすぎた場合には、効果を得るまでに時間がかかることがあります。

そこで、糖質制限を取り入れることにより、体脂肪を燃焼しやすい状態を作ることが出来ます。糖質制限というと、糖質を全く摂取してはいけないというイメージをする人も多いかもしれませんが、あまりにも厳しい制限はストレスやリバウンドにつながります。そのため、最初からゼロにすると気構えるのではなくこれまでよりも少し少なくするということを意識すると良いでしょう。

そして、運動も脂肪燃焼につながりますので、おすすめです。筋肉トレーニングよりも、有酸素運動のほうが体への負担も少なく、続けやすいと言えるでしょう。運動を取り入れることにより、痩せているだけではなく、メリハリのある体を手に入れることが出来ます

。普段運動をすることがないという人はもちろん、運動をする習慣があるという人も運動の前後にはストレッチを行うことを忘れないようにしましょう。

ストレスを溜めずに上手にダイエット!

16時間断食で、多くの方が最も不安に感じるのは「断食中の空腹感」でしょう。16時間の断食タイムというと、大変長い時間に感じられてしまうものです。ですが、意外と16時間の断食は、やってみるとそれほど難しくなかったりします。

それでも16時間の断食タイムを乗り切るのがキツイと感じた時には、まずは水分を摂取することで空腹感や口寂しさを紛らわせる方法があります。16時間断食では、代謝を高めるためにも水分はしっかり摂取する必要があります。そこで断食タイムの間にも、こまめに水や白湯、お茶などを飲むのです。

飲み物がお腹に入ることで空腹感が紛れますし、口の中に何かが入ってくるだけでも気分が紛れる方もいらっしゃるでしょう。ただし、いくら口寂しくてもジュースなど砂糖の含まれるものは控えましょう。

それから、16時間の断食タイムを乗り切るためには、「食べること」以外で気分を紛らわせる方法もあります。例えば外に出て散歩をして、体を軽く動かしてみるのも1つの方法です。あるいは、思い切って眠ってしまうのも良いでしょう。

16時間断食を始めたばかりの頃は、その断食タイムに慣れず、辛く感じてしまうかもしれません。ですが、体が慣れてくれば空腹感も感じにくくなり、辛さも軽減されていくでしょう。

16時間断食によるダイエットのまとめ

16時間断食による8時間ダイエットは基礎代謝や日頃の食事回数などによって個人差が出やすいダイエットです。しかし三日坊主にならないように継続して続けていけば基礎代謝は上昇し脂肪の燃焼しやすい身体になっていくので、最初の数日ではっきりとした効果が現れなくても「やっぱりダメなんだ」と諦めたりせず、気長に焦らず頑張りましょう。

ダイエット効果が出てこない段階でも食事時間を軸に規則正しい生活を行うことは、生活習慣病などを予防し健康的な肉体を作ってくれます。より効果的に8時間ダイエットにしたい人は軽い運動を組み合わせてみるといいでしょう。8時間ダイエットでは1日5分から10分程度の軽い有酸素運動を午前中に行うことで、ダイエット効果を強化することができると言われています。

ヨガやエクササイズ、踏み台昇降運動などがベストですが、通学通勤前時にエスカレーターやエレベーターを使わず徒歩で歩く距離を増やしたりするだけでもOKです。この際「どうしよう、今日全然運動できなかった」と落ち込んだりする必要はありません。

面倒な食事制限やカロリー制限を行わず、ストレスフリーで続けられるのが8時間ダイエットの良いところです。小さなミスは気にせず、毎日の習慣として長続きさせることを第一に取り組んでいきましょう。