LINEバイトの情報・概要・口コミ・評判を調べました

LINEバイトというものをご存知でしょうか?

現在、日本のスマートフォンの利用率は約8割と言われており、スマートフォンのアプリとして大変便利なLINEというアプリのコンテンツにLINEバイトというものがあります。

これは、LINEが展開する新しい求人情報を掲載しているコンテンツなのですがLINEバイト独自のシステムが非常に便利でLINEという性質上、とても手軽に求人情報を探して応募できるようになっています。昨今では、人手不足に悩んでいるところも多くこのようなコンテンツはこれからも必要とされていくでしょう。

登録方法や利用方法は、のちほど説明を致しますので、まずはLINEバイトに掲載されている会社、サービス概要や特徴を見ていきましょう。

ラインで簡単に探せるのが特徴です

LINEバイトは、アルバイトやパートなどの求人を気軽に探せるサービスなので気になっている人も多いのではないでしょうか。アプリをダウンロードして使うことができるので、利用者の大半は10代から20代の若い世代が中心です。これまでのように電話でのやりとりがなく、ラインで簡単に応募から採用まで完結できるのが最大の魅力と言えます。

LINEバイトの運営会社は株会社インテリジェンスとLINE株式会社で、2015年2月から活動をスタートしました。ラインからアルバイトが探せるサービスで、全国約10万件の豊富な求人情報をラインアプリ上から手軽に閲覧、応募できるようになっています。登録者数は年間で700万人を超えていて、面接率はこれまでの約2倍、採用率に至っては約2.5倍の実績があります。

LINEバイトの強い業種は主にレストランやコンビニなどの職種になりますが、ライブ会場のスタッフバイトなどもあって人気です。派遣会社に登録すると、様々なコンサートの仕事をすることができるので得した気分になります。

電話では言いにくいシフトの相談や質問をラインで気軽にできるのがLINEバイトの良いところで、雇用する側もバイトをする側も無駄な時間を取られずに済みます。希望を登録しておくと求人情報が自動的に届き、駅やエリア、職種や給与、こだわりなど色々なカテゴリから自分に合ったアルバイトを探すことが可能です。

会員数はどれくらい?人気の理由は?

LINEバイトの会員数は現在1,100万人を超えています。ここでいう会員数とは、アクティブユーザー数6,600万人を誇る定番コミュニケーションアプリLINEのユーザーのうち、LINEバイトの公式アカウントに「友だち登録」している人数を指します。

LINEバイトの人気は、多くのスマートフォンユーザーが毎日使っているLINEで簡単な操作をするだけで登録が済み、好きな時にアルバイトの求人情報を探せる上に、気に入った案件があればそのまま応募できる、というワンストップの手軽さが理由と考えられます。

自分の働きたい条件(勤務地・シフト・給与・希望する職種・NGな職種・活かしたいこと・身につけたいこと)を登録すれば、希望条件と検索履歴から最新の求人情報がLINEにプッシュ配信され、さらにオファー機能を使えば、条件に合ったアルバイト先からLINEに直接オファーが届きます。

15万件以上ある求人情報は、平日は毎日更新されますが、短期や高時給など人気のアルバイトはすぐに応募が集まるため、プッシュ配信やオファー機能があると、自分に合った条件の案件を取り逃がすことがありません。

また、アルバイトの面接に当たっては、初心者だったり、不明なことがあったりと何かと不安を感じがちですが、LINE応募機能を使うと面接前にアルバイト先の採用担当者とLINEでやりとりできるため、条件の確認のや面と向かってでは聞きにくい質問も気軽に行えます。このように、LINEバイトはLINEの長所を活かした機能が満載なため、多くの人から支持されています。

キャンペーンで祝い金が貰える場合もあり

LINEバイトでは、スマートフォンのLINE機能を使うことで応募したら採用担当者と直接的にLINEでやりとりを行う中で面接を決めていきます。LINEを利用し使い慣れている方にとっては朝飯前の機能となりますので、応募から面接日の設定まで簡単に行うことができます。

またLINEのやりとりを行う中で事前に条件や交渉などができる場合もあり、面接する前に雇用のミスマッチが起きにくくすることもできます。事前のやりとりで問題なければ採用合格まで近道となり、働くまでのハードルの低さが魅力的なります。なおLINEバイトでは期間限定のキャンペーンでお祝い金が貰える制度が存在することもあります。

LINEバイトから応募を行い、その後にLINEを利用して友達に追加を行いギフトコードを受け取り、応募企業より採用となれば採用お祝い金の連絡を行う流れになります。ただお祝い金のキャンペーンは期間限定によって行われており、期間などの条件を満たさないと受け取ることができないので注意が必要です。

現在はお祝い金の制度は2017年の年末に終了して、それ以降は行われていないため、今後も行われるかは定かではありません。しかし利用によるキャンペーンも多彩に揃っているため、LINEバイトは他の求人サイトよりも使い勝手が良い点が魅力です。

簡単に応募ができるのでオススメ

LINEバイトのアプリを使用するメリットとして、普段使いなれているLINEで採用に関するやりとりをすることができる点です。まず初めに自分が働きたい求人に応募し、応募先の企業から連絡が来ます。そして、一般的には面接の日程を決めたり採用に関する情報共有は電話で行いますが、LINEバイトはLINEのトーク上でやりとりをします。

面接の日程を変更したい場合に電話だと気を使う人でも、LINEのトーク上のやりとりなら気軽に連絡を取ることが出来ます。また、なにか気になることがあれば聞けるので、時間をかけて面接会場まで行ったのに思っていたのと違ったというミスマッチを防ぐことが可能です。面接を受けた後に採用通知などのやりとりもLINEですることが出来ます。

まず、面接から数日後にLINEで採用通知が届きます。入社日の相談や初出勤に必要な持ち物などの連絡もLINE上で行います、求人を掲載している会社はたくさんありますが、LINEバイトのようにスマートフォン1つで簡単に申し込みから採用まで完結できるのは、なかなかありません。

空き時間を使って自分に合った求人を探すことが出来る点も魅力だと考えます。このようにLINEバイトのアプリを使うと様々なメリットがあるため、おすすします。

「LINEバイト」の口コミ

「今現在、LINEバイトで見つけたバイト先で頑張って働いています。初めての利用でしたが、登録や検索がしやすく、使いやすかったです。」

「大手の求人紹介サイトではあまり見かけないような求人が多かったのが印象的です。例えば、履歴書不要の求人や個人でやっているような小さなお店の求人などがあって、興味深かったです。興味のある求人は、LINEを使って質問でき、すぐにレスポンスをもらえるのも嬉しいですね。」

「LINEバイトから応募してみましたが、全く返事をもらえなくてガッカリしました。すぐに連絡すると記載してあったのですが、半日以上待っても連絡がありませんでした。不合格ならすぐに次の求人に応募するのに、なかなか連絡をくれないと時間の無駄です。

また、別の求人では説明欄にLINEから応募ができると書いてあったのに、実際に応募してみるとウェブページか電話でもう一度応募するように言われた会社もありました。」

「私は知らない人と電話で会話するのが苦手なので、LINEバイトを選びました。実際に使ってみると、面接日を決めるときや面接結果を知らされるときには電話がかかってきたので、あまり意味はないかなあと思います。一部では、電話ではなく、LINEで申込むと採用されにくいという噂がありますが、私の場合はLINEで申込んでも大丈夫でした。」

「LINEバイト」の口コミから分かること

LINEはサービス開始とともに爆発的にアプリのダウンロード数が増え、運営会社は飛ぶ鳥を落とす勢いにあるなど発展著しい会社です。バイト探しも人気でその秘密は応募のしやすさ、手軽さにあります。

口コミ意見を参考にしても簡単に応募ができる点やLINEでしか扱っていない単独案件、ちいさなお店でも募集しているようなところもあり、自宅から近いとか学校から近いなどわがまま検索ができる点も大きいのでしょう。

一方でサービスは発展途上の感もあり、大手のバイト情報サイトと比べるとお粗末な対応もあるようです。例えばせっかくLINEというツールがありながら、実際の応募は電話か書類を送ってくださいというアナログな対応をされる場合があります。これではLINEの利便性を活かす事ができずもったいないですし、利用者側としてもメリットがありませんので改善が期待されるところです。

他にもサービスやカスタマーセンターへの不満も多少ありました。返事がすぐに返ってこないというもので、会社側は効率を重視して人を最小限しか用意していないのかもしれませんが利便性向上という意味ではもっと応募する方のほうを向いて欲しいものです。最後になりますが応募の簡単さというところでは断トツなのでその部分は維持しつつ品質向上がされれば、文句なしのおすすめです。

LINEを使う新しい形のバイト探し

LINEバイトは電話による口頭でのやりとりではなく、新感覚のLINEのやりとりの中でバイトを探すことができる求人サイトです。気になるバイトを見つけたら、応募してLINEにメッセージを入れて置けば、それに対する返信する形でやりとりを行える魅力があります。

LINEバイトの魅力的な点は全国で20,7000件ほどの求人を扱っており、LINEの利便性を活用することで募集も日々、増えています。人手を確保したい企業も簡単に求職者向けの募集をすることが可能で、6,600万人のLINEの利用者からの反応も良好となります。

また人手が欲しい場合は、積極的なオファーメッセージを発信できることも受けています。もっとも年末や年度末前後、春から夏にかけて求人募集が増える傾向があります。非公開求人も多く、例えばプロフィールなどを見た企業がピンポイントでオファーメッセージを発信してきます。そのため非公開求人を行っている企業からのメッセージも存在します。

LINEバイトではオファーメッセージを受ければ、応募しても採用される確率もアップするため、求職者は採用される確率の高い仕事の情報を手に入れられます。6,600万人の方が利用していること、応募までの心理的な負担がないことで、今後もバイト探しの決定版の様な存在がLINEバイトであると言えるでしょう。

スマホユーザーの職探し

日本ではスマホユーザーのほとんどが利用しているLINEを利用して求人情報のお知らせを受け取れるのがLINEバイトの特徴です。いつも使っているアプリを起動し、その他のタブをタップすることで簡単にLINEバイトにアクセスして新着求人情報を見ることが可能なので、空き時間を有効に職探しに費やせます。

更に便利なお知らせ機能を使うには、自分が働きたい職場の条件を登録しておくと良いでしょう。職種や勤務地、時給など譲れない条件を指定しておけばその条件に合致するバイト先からオファーのお知らせを受け取ることが出来るのです。そのため新着情報を見逃す恐れが無く、自分にぴったりなバイトを探しやすくなります。

LINEバイトの良いところはLINEを使ってオファーをくれた会社の担当者とメッセージのやりとりが出来る点です。面接前にメッセージを交わすことで疑問点を問い合わせるなどして不安な気持ちを解消し、安心して面接に臨めるでしょう。

いつも使っているスマホアプリだからこそ手軽にどこででも新着情報をチェック出来てバイト先がすぐに見つかります。パソコンや求人情報誌よりも早くお知らせが受け取れ、リアルタイムでの職探しが可能となります。

検索方法をマスターしよう!

LINEバイトは、LINEを使って面接日時などトークをすることが出来るため、近年注目を集めています。

使い方は、まず起動して画面右下の【・・・】を押して、【LINEバイト】をタップします。すると、「都道府県を選択してください」という画面になるため、自分が住んでいる都道府県を選択します。自分が住んでいるところを入力することで、仕事を探す際に検索を簡単にすることが出来ます。

ちなみに、初めてLINEバイトを利用する時だけ都道府県を選択する必要があり、2回目以降は入力する必要はありません。都道府県を検索すると、LINEバイトのトップ画面になるため、「駅から探す」「職種から探す」といった検索機能から検索をします。髪色は自由が良い、家から近いところが良いなど、一人一人働く上で求める条件は異なります。

LINEバイトは、仕事の種類が豊富な為、自分に合った条件のバイトが探しやすいです。自分の条件に合う仕事が見つかれば、画面下の【応募する】をタップして、【LINE応募する】を押します。そうすると応募が完了するので、応募先から連絡が来るのを待ちます。このように、今まで仕事を探していた方法よりも簡単に検索機能を利用して仕事を探せる為おすすめです。

柔軟で迅速な対応に大満足

最近話題のLINEバイトは求人先への連絡がスムーズなことで人気を集めています。まるで友達とチャットをするかのような感覚でやり取りを始めることができますし、返信率が90%近いので連絡が途絶えることはほとんどありません。更にオファーで自分をアピールすることができますので、本当に自分にマッチングしたバイト先を探すことができるでしょう。

他の求人サイトはちょっと固いイメージがあって苦手という人は一度LINEバイトを利用してみると気楽に仕事を探すことができますよ。上記のようにとても便利なLINEバイトですが、問い合わせの評判やエージェントスタッフの接客が気になりますよね。実際に問い合わせを行ってからの返信は迅速で数日以内に返信が来ますし、丁寧に不明点を説明してくれました。

また、サイトに掲載していない個人的な質問にも包み隠すことなく答えてくれたので非常に満足しています。表面だけの接客ではなく綺麗な言葉遣いや迅速な対応をしてくれると信頼感を感じて良い印象をうけますよね。また、申し込みもサイトの目立つ所に掲載していますし、フリーダイヤルなのも良心的で良いと思います。

ぜひLINEバイトを利用して新しいバイト生活を送りましょう。