O脚やXO脚を改善!脚をまっすぐにする方法や原因を詳しく解説

日本人の特に女性に多いと言われているxo脚。立ち上がったときに脚の間に隙間が空いていたり、歩いているときに内股になっている人は、いくらすらっとしてきれいな脚の人でもコンプレックスになってしまうものです。

生まれつきという説もありますが、その多くは歩くときの姿勢の悪さや日常生活の積み重ねが大きく影響していると言われています。xo脚は見た目があまり良くないことに加えて、骨盤のゆがみによる腰や膝関節への悪影響などのデメリットがあり、放置しておくと外反母趾やねじれ歩行の原因にもなりかねません。

生活の中での意識付けや、ちょっとした心がけで改善することも可能です。女性の誰もが思う「美しい脚になりたい」という願いは、今からでも少しの努力で叶えることができるのです。

xo脚は周囲からの印象も良くない

見た目を綺麗にするためにダイエットを行っていて、足の脂肪を減らしているうちに、自身の足が歪んでいる事が分かったという人も多いです。脂肪が多いうちはxo脚だと気付く事ができず、対策が遅れてしまう人も珍しくありませんから、日常的に足の歪みを予防する事を心がけてください。

周囲の方々から見ても足の歪みは目立ちやすくて、少し大きさに余裕のあるボトムスを着用していても、xo脚だという事が一目で分かる場合もあります。足が歪んでいる人は、内股っぽい見た目になってしまうのが情けないと思えるという口コミも多いです。

早いうちから関節の歪みに対処をしなければ、恥ずかしい思いをする事になるかもしれないと考えてください。

脚部が綺麗に見える女性は、同性の方々からも憧れの対象となる事が多いので、周囲から美しく思われたいという人は美脚を目指す事を推奨します。上半身が少し太って見える人であったとしても、脚線を美しく感じられる女性であれば、男性からも魅力的に思われる事が多いです。

足の脂肪を減らすためにダイエットをしたり、xo脚を改善するための治療を続けるのは大変かもしれませんが、努力をするだけの価値はあると考えてください。

ひざに隙間があったら要注意

自分の足がO脚かどうかは立った状態のときにチェックするのが一番わかりやすいです。まず、脚をそろえて立ってかかとをつけた時にひざとひざの間に隙間がある、そしてその隙間が指二本以上空いている状態ならO脚と言えます。

靴の裏側を見たときに、外側だけが減っているのもO脚の特徴の一つです。脚全体を見たときに外側に向けてアーチ状に曲がっていたり、くるぶしの内側があいていたりします。ひざは内側もしくは前を向いているのにもかかわらずひざに隙間がある人もいれば、ひざが外側をむいていて隙間がある人もいます。

また、O脚になる原因もさまざまですが、生活習慣が大きくかかわっている場合があり、特に歩き方が悪いことに起因しています。O脚の人は猫背の場合が多く、歩くときに背中が丸くなり首が前に突き出てお腹が出ている状態になります。

それによって骨盤が傾き股関節にも影響を及ぼし、脚が外側や内側にねじれてそこに筋肉が付いてしまうことが原因になっています。骨盤が傾くことにより前側の太ももが張ってしまい、お尻の筋肉が使わなくなるので緩んでしまってスタイルも悪く見えてしまいます。また、つま先を外側に向けたガニ股歩きも脚に悪影響です。

足の歪みを直す方法

近ごろでは、足の歪みに悩んでいる女性たちが急速に増えてきています。xo脚によって人前でスカートを履くことができないと苦しむ人も少なくありません。特に、x脚は膝が内側についていて、膝から下が八の字になっている形が大きな特徴といえます。

そして、内側のくるぶしやふくらはぎが少し離れているのです。立ち上がった時につま先が離れているため、非常に見た目が悪く、足が曲がって見えるというコンプレックスを抱く女性たちも多くなっています。

さらに、こうしたx脚になる原因としては、日常生活における歩き方が挙げられます。お尻を上に突き出すように歩くことによって、つま先で踏ん張るようになりますので上半身の重さを支えようとしてくるぶしが外側に広がっていってx脚となるのです。

まっすぐに伸びた美しい足を目指している男女にとって、足の歪みを綺麗に直してくれるやり方は非常に便利で役立ちます。

このように、足の歪みに悩んでいるなら骨盤や背骨をまっすぐにしてバランスの良い体を手に入れることが何よりも肝心なのです。スラリとした長く伸びたかっこいい脚線美を手に入れるためには、普段から体の歪みを効率的に取り除いて整体やマッサージなどをうまく取り入れることが肝心といえます。

xo脚の特徴と原因

xo脚は、両方の膝をくっつけることはできますが、太ももとふくらはぎの内側がくっつかない状態の脚のことを言います。猫背で腰が反り気味であったり、内またで歩く癖から膝の皿が内側を向いていることが多く、特に筋力が弱い女性に多く見られるのが特徴です。

上半身がスリムなのに下半身が太って見えたり、腰が反りやすいためお腹やお尻が突き出た体型になることが多く見られます。原因は様々なものが考えられ、遺伝や乳幼児期の歩き方の影響といったものから、普段の姿勢や歩き方・座り方などがあります。

運動不足で筋力が弱い場合や、肥満で正しく足を閉じられないことが原因となる可能性も少なくありません。何らかの理由で骨盤が後ろに傾いてると、o脚になりがちです。しかし、o脚のようにガニ股にならないよう足を内側に閉じようとすると、足首の内側に力がかかってしまいます。

xo脚は脚だけでなく、骨盤や腰にまで負担がかかる立ち方なので、膝や腰に痛みが生じやすくなるのが特徴です。悪化すると、変形性股関節症や膝関節症になるリスクも増加します。自覚症状がなくても、血液やリンパの流れが悪くなることで、むくみや冷えに悩まされたり、うまく代謝できないことから脚が太くなる原因にもなります。

自分はxo脚なのか?

O脚、X脚、XO脚にはそれぞれ特徴があることから、自分がどれにあてはまるのか、あるいはどれにもあてはまらないのか簡単にセルフチェックできる方法があります。これには立った時の状態から判断する方法と、脚を曲げて判断する方法の2つがあります。

まず、立った時の状態から判断する方法です。まっすぐ両足をそろえて立ちましょう。O脚の場合は膝が開いてしまうのが特徴で、他に太ももから膝にかけて隙間がある・膝が外側を向いている・両膝の間に隙間が指2本分以上ある、くるぶしの内側に隙間がある・つま先をつけると踵が開く・脚全体が外側に曲がってアーチを描いているなどがあります。

X脚の場合は立った時足先が離れるのが特徴で、他に膝が内側に向いてついている・ふくらはぎが離れている・内側のくるぶしが離れている・土踏まずが低くなっている・脚の下方が八の字に広がっているなどがみられます。

XO脚は膝と足先はつくが脚の下方が外側に曲がっているのが特徴で、膝が内側を向いている・ふくらはぎがつかない・脚の下方が外側に湾曲している・内側のくるぶしはつくなどがみられます。次に脚を曲げて判断する方法です。左右の踵を握りこぶし1つ分開けて立ち、つま先を外側に15度広げます。

そして背筋をのばしたまま脚を曲げていきます。この時、膝が正面を向いていれば正常な脚です。膝が外側に向いて曲がっていく場合はO脚、内側を向いて曲がっていく場合はX脚です。まっすぐな脚は、膝が正面を向いています。

内側や外側に向いている人は、まっすぐな脚とは言えません。立った状態での判断が難しいという人は、この方法で確認してみて下さい。

O脚を正す運動

O脚をまっすぐにするには、原因である股関節のゆがみを正してあげる必要があります。そのためには改善運動が効果的です。最もシンプルな改善ストレッチは、両かかとを合わせての正座です。場合によっては高い負荷がかかるので、数十秒間だけ維持してください。

その他には内側に向いている軸を正すための、逆方向へ捻るストレッチもあります。かかとを揃えて、つま先を可能な限り外側へ開きます。またこれと同様の力の向きを股関節ではなく膝を中心にするとxo脚の改善にもシフトできます。

そして脚の筋肉バランスを理想的なものへと近づけることもまた有効です。O脚環境のまま悪循環に陥っている筋肉を正しいサイクルに導きます。そのためには太ももの内側にある筋肉を特に鍛えることです。

立ったまま脚を内側へ寄せようとするだけでも負荷がかかりますし、座ってクッションなどのやわらかいものを挟むトレーニングも有効です。真っ直ぐ立つスタイルは股関節の改善効果も持っています。

こうして股関節のゆがみを正すと共に、外側の筋肉にも働きかけることでO脚を効率的に改善しましょう。またこれらの方法を高頻度で意識し、習慣化することで改善と予防のふたつに繋がります。

xo脚は靴の選び方とストレッチで改善

足が歪んでしまうxo脚に悩んでいる人の中には、足の関節に負担をかける行動を止めるだけで、関節の形が元通りになったという人も少なくないです。内股になってしまうX脚に苦しんでいる人の場合は、靴の選び方を変えてみるだけでも関節の形が変化してくれる場合もあります。

ハイヒールなどは特に足の形を変えやすい靴の一種で、かかとを上げた状態をキープしながら、爪先を窮屈に感じるハイヒールを履いているだけでX脚になりかねません。まずはハイヒールを履くのを止めて、足の爪先までフィットするような靴に履き替える事で、X脚を改善できるか試してみる事をおすすめします。

爪先にも体重をかける事ができれば、足の裏全体に均一に体重が乗るようになって、かかとや膝なども真っ直ぐの状態を保つ事が可能です。

股関節を伸ばす運動を行っておく事も重要で、X脚に悩んでいる人は股関節のズレまで起きている事も珍しくありません。どれだけ靴を履き替えてみても足の形が元通りにならない時には、股関節のストレッチを続けるだけでX脚が改善できる可能性もあります。

あぐらをかくような姿勢になり、両手で足を掴んだ股間に足を寄せて、上半身を前にゆっくり倒すようなストレッチで股関節のズレを矯正する事が可能です。

XO脚をまっすぐにするには

xo脚をまっすぐにするにはいくつか方法について、股関節のねじれを治す必要があり、内またで歩く癖の方は注意をすると改善します。骨盤がゆがむとこの症状が現れやすいので、座り方を気にする事が大切です。

女性に多いのですが、例えるとカエルのような座り方をすると骨盤の下が広がるので正しい姿勢で座るようにします。スカートをはいている事が多いので、女性は太ももの内側に力を入れて座る事が多いので、これに気をつけると改善します。

ストレッチする時に足の外側をほぐすように気をつけます。その次に股関節と骨盤を整えるストレッチを行うと良いです。ヒールの高い靴を続けてはかないように注意が必要です。時にはスニーカーを履くとこの症状が改善します。インソールで足がまっすぐになるように調整をするのはかなり大事です。

椅子に座ったときに足を組む癖がある方はやめましょう。足がゆがみやすくなる原因になっているからです。女性に多いXO脚は毎日のストレッチや座り方を気をつけたり、足に負担がかからない靴を選ぶ事が大切です。大切なのは日常の生活で股関節や骨盤の位置に注意が必要です。

xo脚はこれらに注意をする事でかなり改善する可能性があります。

カロリー以外にも注意ポイントがある

足痩せダイエットをしようと思ったら、食事制限をすることが大切です。何故なら、食事制限で摂取カロリーを抑えれば、楽な運動で消費カロリーの量を上回せることができるからです。その結果、体に蓄えた脂肪を燃焼させることにも繋げていけます。

ですが食事制限による足痩せダイエットは、単純にカロリー量だけ少なくすれば良いというわけではないので注意が必要です。筋肉を作るために必要になるたんぱく質などが不足すると、脂肪だけではなく筋肉量までも大幅に落ちる可能性があります。

この状態では体重は軽くなっても、皮膚がダルダルにたるんだ状態になる可能性があります。さらにビタミンやミネラルなどの栄養素が不足すると、新陳代謝が低下ことも考えられます。肌の角質が厚くなって硬くなったり、透明感がないくすんだ肌になりやすいので注意が必要です。

これを防ぐためには、カロリーだけに注目するのではなく、多くの栄養素を摂取する食事を心がけましょう。それに加えて、食事をする時間を意識することも重要なポイントになります。1日の食事では朝食と昼食に食べる量を多くするのがおすすめです。

何故なら午前中に摂取したカロリーは、その日のうちに体を動かして消費しやすいからです。反面、夕食で得たカロリーは体に蓄積されやすいので、軽く済ませるのがおすすめです。

運動で足痩せダイエットにチャレンジ

足痩せダイエットに成功するためには、運動が欠かせないといえるでしょう。運動と聞くと「筋肉がついて足が太くなるのではないか」と不安に感じる人がいるかもしれませんが、実際にはそのようなことはありません。

筋肉を太くするためにはボディービルダーのような本格的な筋力トレーニングが必要であり、一般の人が多少運動をしても筋肉は太くならないのです。むしろ筋肉はしっかりと引き締まり、足痩せに効果的になります。

まずは初心者でも始めやすい、ウォーキングにチャレンジしてみましょう。ウォーキングでは足腰を中心とした身体全体を動かすことで、全身の筋肉をバランスよく鍛えることができます。さらに血液やリンパの流れが改善しますので、むくみの解消にも最適なのです。

ウォーキングを20分以上続けると有酸素運動の脂肪燃焼効果により、効率的なダイエットが可能になります。

その他にはスクワットや自転車こぎなども、脚痩せに効果的な運動です。スクワットでは太ももの前後やお尻、自転車こぎではふくらはぎなどの引き締め効果が期待できますので、気になる部位がある人は積極的に取り組んでみてください。足には全身の中で最も大きな筋肉があり、これをしっかりと鍛えることで基礎代謝が向上します。

足痩せはもちろんですが、さらに全身のダイエットにも効果を発揮するのです。

履くだけで簡単にxo脚を改善できる

まっすぐで綺麗な脚に憧れてはいるけど、整体に行って矯正するのは不安という人もいます。整体に行かなくても自分でxo脚を改善する方法があるので試してみるといいでしょう。普段の習慣を見直し簡単なエクササイズを毎日続けているだけでxo脚を改善し、綺麗な脚を手に入れることが可能です。

xo脚になる原因は、ガニ股にならないように足首を内側に戻そうとすると起こります。女性らしい動作がxo脚にしてしまいますが、骨盤や腰に負担がかかり膝や腰の痛みが起きやすいです。他にも血液やリンパの流れが悪くなり、むくみの原因となったり代謝が悪く脚が太くなります。

xo脚を改善し足を綺麗にするためのお役立ちグッズはエクスレンダーです。姿勢の歪みは体幹が弱っているので着るだけで加圧して体幹を鍛えてくれます。着るだけで背筋や巻肩を伸ばしてくれるので速攻で姿勢を改善してくれます。

毎日着ることで自然に正しい姿勢になるので足も自然と綺麗になるというわけです。

骨盤矯正のためのエクスレーヴも足を綺麗にするグッズとして最適です。計算され尽くした加圧構造で、正しい骨盤の位置と加圧の関係を考えて作られているので、履くだけで自然と脚が綺麗になります。

XO脚改善に手軽にできるトレーニング

xo脚になってしまう人というのは、姿勢自体が悪いことが原因です。つまり姿勢を正すことで、xo脚を改善していくこともできます。まず姿勢改善のために手軽にできるのが、壁に背中をくっつけてまっすぐ立つ練習です。

xo脚の人は腰をそり過ぎていたり、お腹を突き出しすぎていることが多いものです。1日に数分程度立つだけでも効果的です。

正しい姿勢のためには、元々の筋力不足が大きく影響します。特に腹筋と背筋が足りないと、正しい姿勢を維持しようとしても長続きしません。両方の筋肉をバランス良く鍛えることで自然と良い姿勢を保ちやすくなるものです。

さらに姿勢を良くするためには抗重力筋をバランス良く鍛える必要がありますが、このためのオススメの筋トレがプランクです。

うつ伏せの状態から両肘を曲げて床についた姿勢を取り、次に体を一直線にするようにして体全体を持ち上げます。この姿勢で自然に呼吸を繰り返すだけです。シンプルな筋トレですがやってみると全身に効くことが良く分かります。

最初は20秒程度から慣れてくるにつれて時間を延ばしていきます。抗重力筋を鍛えることで姿勢が崩れて骨盤が歪むことを防げますので、自然とXO脚改善にも期待できます。

xo脚にならない為の日常的な対策

o脚やx脚・xo脚などで悩んでいる人は意外と多いですが、これらの症状を骨が曲がっているからと勘違いをしている人が多く改善できないと諦めている人がいます。

しかし、xo脚など足が曲がる理由は足の内側と外側の筋肉のバランスの乱れによるものなので、そのバランスを整えれば改善することは可能です。

ただ、これは言い換えると日頃の生活習慣などで筋肉のバランスが乱れると今まで真っ直ぐだった足が曲がってしまうこともあります。では、足が曲がらないようにするには日常のどのような場面で気を付ければ良いのでしょうか。

最も大切なことは日頃の立つ姿勢や歩く姿勢・座る姿勢で基本的に背筋を伸ばして真っ直ぐに立ったり、猫背にならないように歩くなどを意識するだけで防止できます。また、座っている時は姿勢が悪くなったり、変な座り方をしがちですが、それもしないように注意してください。

その他にも1日中座りっぱなしの人は足腰の筋肉が衰える恐れがあるので、日常的に階段を使うようにしたり坂道なども積極的に歩くようにすると対策になります。

できるだけ歩く歩数を増やして足腰を使うことがxo脚など対策として有効なので意識してください。それでも足りないと感じた場合にはスクワットなどの筋トレも積極的に行うと良いでしょう。

xo脚を改善する立ち方、歩き方

xo脚は比較的内回出歩くことが多い女性によく見られます。たった時に膝はくっついているものの、太ももや膝から下に隙間がある状態です。

原因としてはヒールなどのきつい靴をはきつづけることによって外反母趾になり、足先が踏ん張れないため力が外側へかかることによって膝から下がだんだん外向きになっていきます。xo脚を改善するためには正しい立ち方と歩き方をマスターしましょう。

正しい姿勢を維持するためには腹筋と背筋がとても重要です。いきなり何もない所で矯正するのは難しいので、最初は壁を使いましょう。

平らな壁にしっかりと踵とお尻、そして頭をつけ、膝と膝は軽くつけるように意識しましょう。この姿勢を維持するようにすれば外側にかかっていた力が内向きになり、脚がまっすぐになります。

そして女性は特に歩くときにかかとから先に着地することが多いですが、これは大きな間違いです。かかとからち着地すると膝に大きな衝撃を受ける為、xo脚は悪化します。

正しい歩き方の基本として足の指先と付け根、かかとの3点で同時に着地することを心がけましょう。歩くときは膝は伸ばさずに曲げるようにして、いつもより少し高く上げることを意識する事が重要です。

xo脚に関する様々な疑問

o脚やx脚さらにはxo脚など足に関する悩みを抱えている人は多いかと思いますが、実際に本格的な対策をしている人は割と少ないので、疑問点や気になる点も多々あるかと思います。

そもそもな疑問としてはo脚やx脚やxo脚などの足の悩みは骨が曲がっていて改善などできないのではというものでしょう。しかし、これらの足の悩みは実は骨そのものが曲がっている訳ではなく、足の内側と外側の筋肉量のバランスが乱れているからで、そのバランスを整えてあげれば改善することが可能です。

改善が可能と言われると今度は気になるのが施術に関する疑問ではないでしょうか。中でも最も気になるのが治療の伴う痛みです。接骨院や整骨院で行われる治療は骨をバキバキと鳴らして行うようなイメージがあるかと思いますが、実際は骨を矯正するのではなく筋肉を鍛えて治していくので痛みを伴う心配はありません。

では、筋肉を鍛えて治すと言っても即効性がある治療とも思えないので、そのぐらいの頻度で何回ぐらい治療を行えば良いのかという疑問ですが、これは通院の目安は1週間に1回から2回でトータルは6回から18回程度で改善することが多いです。

もちろん個人差はあるので状態が軽ければ早く改善しますし、状態が悪いと時間も回数もかかってきます。