Working Abroadの情報・概要・口コミ・評判を調べました

転職する場合まず最初に給料面を意識します。中でも通常の転職では得られないほどの、給料待遇が味わえる海外転職に思いを寄せる人は数多くいます。しかし、国内の転職サイトに比べて海外の転職サイトはそれほど数が無く、どれを信頼したら良いのか迷います。

今回おすすめするWorking Abroadはその中でも求人数が比較的多く、更新スピードも速いので常に最新の情報で判断することができます。日本人にも分かりやすいような作りになっているため、海外就職を希望している人は、まずこのサイトで情報収集をしましょう。

今回はWorking Abroadの口コミや実績などを通して、どうしてこのサイトがおすすめなのか紹介します。その上で利用するか判断しましょう。

海外で勤務する転職を目指す

転職を考える際には、まずは転職支援サイトに登録をすることをお勧めします。求人情報を効率よく入手することが出来たり、転職に関する一般的な常識などを知ることができます。数ある転職支援サイトの中でも、Working Abroadという業者のサイトはとても信頼して利用することができるサイトの一つです。このWorking Abroadの特徴としては、いくつか挙げられます。

まず第一に、海外で勤務できる可能性がたいへん高くなる企業への転職情報が多数掲載されている点があげられます。外資系やバイリンガル向けの転職・求人サイトの老舗のDaijob.comが運営しており、豊富な海外案件が掲載されています。海外であらゆる仕事をしたいと考えている方におすすめできる転職支援サイトといえます。

第二の特徴としては、大手企業などの管理職関連の求人情報が多数取り扱われている点があげられます。このWorking Abroadを通じて転職を果たした方々の多くが、大手の企業で管理職として働くことができており、たいへん充実した生活を送っているという実績があります。広範囲で多数の職種、多数の分野の求人情報が取り扱われており、仕事探しがしやすいです。

会員数が増えている理由

Working Abroadは、スカウトの質が高い転職支援サイトで、転職活動の可能性が広がるのがメリットです。同サイトで導入されているスカウトサービスは、採用担当者が一人ひとりの求職履歴を見て判断しています。それ故、求職者の希望に沿った転職先を見つけることが出来る、レベルの高いスカウトサービスだと言えます。

実際、自分に合った企業を探すには時間と手間がかかり、必ずしも一度で成功するとは限りません。特に日本に進出したての外資系企業では、情報を取得する事自体が困難になっています。それ故、自分の思い込みや少ない情報で、相手企業を判断しがちになるわけです。

Working Abroadの場合は、コンサルタントや採用他当社がプロの目線からユーザーの匿名履歴書を判断します。求職者の能力や経験、そして経歴を詳細に分析した上で、スカウトメールを送付しています。その為、採用サイドからのミスマッチリスクが低減でき、転職の成功率を高めることが出来ます。

同サイトには常時2万件以上の求人情報が掲載されており、採用担当者が優秀な人材を求めてチェックしています。求職者が自分でそうした企業を探すのは難しいので、スカウトサービスを利用するのが最も効率的だと言えます。実績があるからこそ、登録会員数も増えているわけです。

転職サイトの利用と祝い金の活用

海外で働きたい人の転職活動は、従来の大手求人サイトなどでは、なかなかいい求人に巡り会えないことが多いと思います。そこで、Working Abroadを利用すれば、夢の海外勤務が可能になります。

Working Abroadの特徴としては、応募者の中心が20代〜30代の若手社員で、海外勤務に強いところにあります。また、応募者の70%がアジア圏での勤務を希望としており、これからアジアがビジネスの舞台として注目されていることがわかります。

求職者の約65%の現職または前職がが管理職、人事総務関連、営業、コンサルティング、IT関連などのオフィスワーカーで公開している求人情報もオフィスワークが多くを占めるのも特徴となっています。

2017年6月現在、Working Abroadでは350件前後の海外勤務の求人情報が公開されていて、その他の海外専門の転職・求人情報サイトで公開されている求人情報は約20~400件程度なので、Working Abroadの求人量は他サイトと比較すると多い方だといえます。

海外勤務の専門サイトということもあり、実績がありますのでサポートも充実しており、海外勤務のアドバイスもしてもらえます。入社が決定すれば海外勤務になるわけですが、入社祝い金も出ますので、そちらで海外へいく準備もすることができます。

オススメの海外企業求人・転職サイト

Working Abroadは海外企業で将来働きたいと思う方にぴったりなサイトです。もちろん、英語力も必須条件の一つになりますが、日本企業で長年培ってきた経験・知識が新たな世界で役立ちます。転職するにあたって不安要素があると思いますが、安心して海外企業を検索することができます。

現地企業募集情報、日本法人企業などの急募案件を載せており、それらの求人に自ら積極的にアピールするスカウト制度もWorking Abroadにはあります。このサイトを利用して有益な情報を知りつつ、自分を売り込む準備や心構えができます。しかし、やる気がすごくありアピールしたいけれど、海外企業に勤めた経験がないと人事の方が関心を持ってくれません。

そこで活用すべき一番役立つサービスは、会員登録すると人材紹介企業にサポートしてもらえることです。サイトもシンプルで見やすく、自分が知りたい求人情報が検索できます。今、企業に勤務し、将来のステップアップを考えている方は、急に行動を起こすのではなく、じっくりと時間をかけてWorkingAbroadで求人企業について調べてみるのも良いでしょう。

仕事で残した実績を活かし、新たな職場環境でやりがいを求める方に適しています。海外勤務を夢見る熱意がある方を後押ししてくれる素晴らしい求人・転職サイトです。

「Working Abroad」の口コミ

「Working Abroadに掲載されている企業は外資系大手企業が中心です。給与面や福利厚生などの待遇面もよい案件がいくつもありました。ただ、企業情報が少ないために自分で情報収集していくことが必要になります。案件は専門性のある方向けかなと感じました。」

「色々な案件がある中、自分に合う企業を探してくれ提案してくれました。逆にマッチする企業が見つからないときは連絡がなかったです。メールや電話の対応はしっかりしているものの、応募したい企業の仕事内容などの詳細は教えてもらえずサポート力は他の企業に比べると低いかなと思います。

色々な口コミの中でネガティブなものも見つかったので他のサービスを利用しようかなと思って使わなくなってしまいました。」

「登録した当初は色々な案件を紹介してもらえたのですが、登録日から時間の経過とともにだんだんと紹介してくれる案件が減ってきたのが不満です。

初めての面談では、親身になってキャリアに関わる話をしっかりと聞いてくれたのですが、途中で担当者が変わったのに前の担当者に伝えたことがしっかりと引継ぎされていなかったため、新しい担当者にまた説明しなくてはならないという2度手間が発生しました。」

「Working Abroad」の口コミから分かること

良い口コミから分かることは、Working Abroadは、案件探しのサポート体制が充実しているということです。履歴書の書き方など、海外の転職では日本とは違う面が多いので迷ってしまいますが、懇切丁寧に初心者向けに解説もされています。

それに色々と相談に乗ってもらえる点がWorking Abroadの良いところといえるでしょう。さっとまとめた、メモ程度の職務経歴書をしっかりとまとめてくれたり、キャリアプランの相談なども受け付けてくれます。

確かに大手サイトほどに提案数が充実しているということはないということもありますが、海外の国別、職業別にすべての案件が常にほとんど揃っています。さらに匿名の履歴書を公開して、企業からアプローチを受けることができるスカウト機能もあって便利です。

いちいちたくさんの案件から自分にマッチしたものを選ぶ手間を省くこともできます。職探しの効率性がアップしますし、自分自身ではなかなか発見できなかった特性や、市場価値なども発見できるかもしれません。眠っていた可能性を目覚めさせて、思い切ったキャリアチェンジもはかることができます。

こうした細やかなサポートが得られるという点を加味すれば、Working Abroadが海外の転職を初めて行う人などに特におすすめできることが分かります。

海外求人に対応

Working Abroadは求人数こそ公開されているもので370件しかありませんがそのすべてが海外求人となっているので、この数の求人はかなり豊富な量と考えるのが妥当です。海外の地域もアジアエリアの案件が300件ほどを占めていて、ほとんどですが、アフリカや南米といった地域の仕事もわずかに紹介されています。

また、Working Abroadでは様々な職種の案件が紹介されていますが、経営業の仕事が多く、収入も決して悪くはありません。ですから、海外という地で自分の能力をフルに生かしたいと考えている人にとっては転職も悪くはないと思います。

サイトの利用方法も簡単で、案件の獲得は利用者が自ら仕事の案件に応募するか、企業からのスカウトがくるのを待つだけですから時間をかけずに転職をすることが可能になっています。

以上から考えても、Working Abroadは海外求人専門のサイトでこの求人数は非常に豊富ですから仕事を獲得できないということはないでしょうし、サイト内での仕事探しも時間がかからず簡単にできますから、急なリストラにあったが、海外で自分のスキルを試してみたいといった人にはとても有意義なサイトだと思います。

新着の形でのお知らせは非常に役立つものです

Working Abroadは求人案件を非常に豊富に有しているのが大きな特徴となっています。海外で働きたいとの希望を持っている人を対象にしているという専門性があり、それだけに案件の数というのは重要な意味合いを持ってくるのは避けられません。これは海外求人専門の転職情報サイト特有の現象と言えるでしょう。

Working Abroadは海外転職を希望している人のニーズにしっかりと対応していることで、すこぶる好評を博しています。求人が寄せられている国は、アメリカ、中国、イギリス、フランス、ドイツはじめ、世界の各国から案件が殺到しているのです。Working Abroadでは、外国から来た求人案件をできるだけ早く、会員宛てに新着情報としてお知らせしています。

このことは、海外での勤務を夢見ている求職者にとっては非常に大きなモチベーションとなってくることは想像に難くありません。新着という形でスピーディーに情報が送られてくるとすると、求職者にしてみれば選択肢が大いに広くなるわけです。

自分の理想とする就職や転職にかなり近いところを見つける可能性が飛躍的に高まります。Working Abroadでは、ほかにもスカウト制度を設けていますので、もしかしたら海外企業から声がかかるチャンスもあるのです。

検索機能の使いやすさは

国際社会で活躍をしたいという人や語学能力を活かした仕事がしたいという人を応援する転職支援サービスとして人気のWorking Abroadですが、海外求人を探すケースですと自分の希望にあった会社を探すのは至難の業と考えられます。Working Abroadの求人検索機能はどのくらい充実していて希望する職場はどのくらい探しやすいのかといったことなどについてみていきましょう。

Working Abroadはトップベージから求人検索ができるようになっているのですが、利用者のニーズに応じて多種多様な検索方法が用意されています。自分が働きたい国を指定して探すことができますし、地域ではなく自分が駆使したい言語を指定して求人を探すこともできます。

もちろん職種を指定して探すこともできますし、希望勤務国・使いたい言語・希望職種の3項目を組み合わせての検索も可能となっています。

また求人の種類や年収や自分自身の言語レベルやキャリアレベルなどを細かく指定して求人検索を行うことも可能となっているので、初めての海外転職を目指すという人でも無理なく自分に合った求人を見つけやすくなっているのです。もちろんキーワードを指定して探すこともできます。

海外就職のサポートで安心

Working Abroadは応募者と企業をつなぐ求人情報掲載サイトであるので、求人に申し込みたい人は直接求人企業に連絡を入れることになります。海外勤務になる求人は日本企業の現地法人の他、海外法人の企業が求人をしている場合もあります。

現地にある企業と連絡を取り合うことに心配がある方は、人材紹介会社が募集をしている求人に応募してみましょう。細かなやり取りは人材紹介会社がやってくれるので安心です。

Working Abroadでは、海外就職先として人気のあるシンガポールなどの国々の情報が掲載されています。申し込みたい求人別の英文履歴書の書き方やコツなどのサポート情報が多数ありますので、大変参考になります。

希望の条件を登録しておくと、希望に沿った求人情報が届くサポートもありますし、企業側からアプローチを受けることのできるスカウトサービスなどのサービスもあります。

Working Abroadは、母体であるDaijob.comと情報共有をしているため、Working Abroad上で履歴書の公開を行うと、Working AbroadもしくはDaijob.comに登録をしている企業や人材紹介会社がスカウトすることができるようになり、効率的に転職活動ができます。